WindowsイベントログをSNMPで監視する方法

WindowsイベントログをSNMPで監視する方法

Windowsマシンが正常に稼働しているかを監視する場合、CPU・メモリ・ディスクといったハードウェアリース以外の監視項目として挙げられるのが、Windowsやアプリケーションの動作状況が記録されている「イベントログ」です。

Windowsの標準機能でイベントログを監視する方法としては、タスクスケジューラを使った方法やPowerShellスクリプトを使った方法が一般的ですが、SNMPトラップを使って監視することもできます。

そこでここでは、Windows10を例に、イベントログをSNMPで監視する方法を紹介します。

なお、監視サーバー(SNMPマネージャー)環境は、すでに稼働していることを前提とします。

SNMP(Simple Network Management Protocol)をざっくり理解する
ネットワーク上のスイッチやルーターといったネットワーク機器の管理や監視で利用することが多い「SNMP」ですが、具体的にどのような仕組みな...

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

SNMPサービスの追加と設定

まずは、監視対象のWindowsマシンに「SNMPサービス」を追加して、SNMPエージェントとSNMPトラップの初期設定を行います。

SNMPサービスの追加方法やトラップの初期設定方法については、以下の記事をご参照ください。

WindowsマシンをSNMPで監視するための設定方法
ここでは、Windows10をSNMPで監視するための基本的な設定方法を紹介します。

監視するイベントログの設定

つぎに、監視対象のWindowsマシンで、監視するイベントログを設定します。

Memo

ここでは、監視対象のWindowsマシンで、管理者権限でコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行し、テスト用の監視イベントを発生させておきます。

> EVENTCREATE /ID 999 /L system /SO test /T ERROR /D "This is Test Event."

ファイルを指定して実行などに「evntwin」と入力してエンターキーを押すなどして、イベントトラップトランスレーターを起動します。

WindowsイベントログをSNMPで監視する方法

イベントトラップトランスレーターが起動したら、構成の種類で「カスタム」を選択してから「編集」をクリックします。

WindowsイベントログをSNMPで監視する方法

画面下部にイベントソースとイベントIDを選択する画面が表示されるので、監視するイベントログのイベントソースとイベントIDを選択して「追加」をクリックします。

ここでは例として、テスト用として生成したイベント(イベントソースが「test」でイベントIDが「999」)のイベントログを指定しています。

WindowsイベントログをSNMPで監視する方法

「プロパティ」画面が表示されるので、そのまま「OK」をクリックします。

WindowsイベントログをSNMPで監視する方法

同じ要領で、監視したいイベントログをすべて追加し終わったら「トラップに変換するイベント」の一覧に、追加したイベントがすべて表示されていることを確認し「OK」をクリックします。

WindowsイベントログをSNMPで監視する方法

イベントトラップトランスレーターの設定を適用するために「サービス」画面で「SNMPサービス」を再起動します。

WindowsイベントログをSNMPで監視する方法

最後に、監視対象のイベントログが生成されたときに、SNMPマネージャーにSNMPトラップが送信されることを確認します。(イベントログをすぐに生成して動作を確認したいときは、上記に記述しているEVENTCREATEコマンドを使って、監視対象のイベントソースとイベントIDを指定してイベントログを手動で生成します。)

以上で、設定完了です。

あとがき

規模の大きなシステム環境では、専用の監視ツールで監視することが多いですが、小規模な環境でイベントログを監視するツールがない場合は、ここで紹介した方法が役立つでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。