Android端末で「システムUI調整ツール」を使ってシステムアイコンの表示をカスタマイズする方法

Android端末で「システムUI調整ツール」を使ってシステムアイコンの表示をカスタマイズする方法

Android端末の画面上部にあるステータスバーには、Wi-Fiやバッテリー、時計などのさまざまなシステムアイコンが表示されていますが、「システムUI調整ツール」を利用することで、特定のシステムアイコンの表示/非表示を切り替えたり、表示内容をカスタマイズすることができます。

そこでここでは、Android端末で「システムUI調整ツール」を使って、システムアイコンの表示をカスタマイズする方法を紹介します。

Android端末のステータスバーに秒や日付を表示する方法
ここでは、Android端末の「システムUI調整ツール」を使って、ステータスバーに秒や日付を表示する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他の機種やバージョンでは、操作方法や動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Google Nexus 5X(Android)8.1.0

「システムUI調整ツール」を表示する

「システムUI調整ツール」は、デフォルトでは非表示のため、利用するには「システムUI調整ツール」を表示させる必要があります。

Android8以前の場合

Android8以前の端末で「システムUI調整ツール」を表示するには、ステータスバーを下にスワイプして「クイック設定パネル」を表示させ、歯車アイコンを長めにロングタップします。

Android端末で「システムUI調整ツール」を使ってシステムアイコンの表示をカスタマイズする方法

指を離したときに「システムUI調整ツールを設定に追加しました」とメッセージが表示されれば、設定完了です。

Android端末で「システムUI調整ツール」を使ってシステムアイコンの表示をカスタマイズする方法

Androidの「設定」アプリの「システム」の項目に「システムUI調整ツール」が追加されているはずです。

Android端末で「システムUI調整ツール」を使ってシステムアイコンの表示をカスタマイズする方法

Android9以降の場合

Android9以降では、上の方法で「システムUI調整ツール」を表示できないため、別途アプリをインストールする必要があります。

アプリの選択肢はいくつかありますが「SystemUI Tuner Shortcut」がおススメで、アプリをインストールし、アイコンをタップするだけで「システムUI調整ツール」を開くことができます。

Android端末で「システムUI調整ツール」を使ってシステムアイコンの表示をカスタマイズする方法

Android端末で「システムUI調整ツール」を使ってシステムアイコンの表示をカスタマイズする方法

なお、「SystemUI Tuner Shortcut」アプリは、Android8以前の端末でも利用できます。

「システムUI調整ツール」でできること

「システムUI調整ツール」では、システムアイコンの表示/非表示を個別に切り替えられるだけでなく、バッテリーでは残容量の表示/非表示を切り替えたり、時計では秒の表示/非表示を切り替えることもできます。

Android端末で「システムUI調整ツール」を使ってシステムアイコンの表示をカスタマイズする方法
「システムUI調整ツール」画面1
Android端末で「システムUI調整ツール」を使ってシステムアイコンの表示をカスタマイズする方法
「システムUI調整ツール」画面2

あとがき

普段使いではあまり必要のない機能ですが、時計に秒を表示させたり、特定のシステムアイコンを非表示にしてステータスバーをすっきりさせたいときに活用できます。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。