Windows10でタスクトレイ(通知領域)の時計に「秒」を表示する方法

Windows10でタスクトレイ(通知領域)の時計に「秒」を表示する方法

Windows10のタスクトレイ(通知領域)には、デフォルトで日時が表示されていますが、通常は時間と分だけが表示されています。

Windows10でタスクトレイ(通知領域)の時計に「秒」を表示する方法

一般的な用途ではそれで問題ないケースが多いですが、仕事内容によっては秒単位で時刻を確認したいことがあります。

そこでここでは、Windows10でタスクトレイ(通知領域)の時計に「秒」を表示する方法を紹介します。

Windows10でタスクトレイ(通知領域)の日時表示形式を変更する方法
Windows環境では、デフォルトでタスクバー右端のタスクトレイに日時が次のような感じで表示されています。 この表示はカスタマイズ...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のOSやエディション、バージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

時計に「秒」を表示する

Windows10でタスクトレイ(通知領域)の時計に「秒」を表示するには、「設定」アプリからやコントロールパネルからは設定できず、レジストリで設定する必要があります。

手順は、コマンドプロンプトを起動して以下のコマンドを実行するだけです。

> reg add HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced /v ShowSecondsInSystemClock /t REG_DWORD /d 1 /f

コマンドを実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されれば、設定完了です。

Windows10でタスクトレイ(通知領域)の時計に「秒」を表示する方法

あとは、Windows10にサインインし直せば、タスクトレイ(通知領域)の時計に「秒」が表示されているはずです。

Windows10でタスクトレイ(通知領域)の時計に「秒」を表示する方法

設定を戻すときは

設定を戻したいときは、コマンドプロンプトを起動して以下のコマンドを実行します。

> reg delete HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced /v ShowSecondsInSystemClock /f

あとがき

時計を秒単位で確認することが多いなら、設定しておけば時計アプリを用意したりせずに確認できて便利ですよ。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ