Windows10の基本:ファイルをダブルクリックしたときに利用されるアプリを変更する

Windows10を利用していれば、利用目的に応じていろいろなアプリケーションソフト(以下、アプリ)をインストールしていると思います。

アプリの中には、インストール時にそのあぷりに関連したファイルを自身で開くよう変更する場合があります。

たとえば、ZIP形式ファイルをダブルクリックすると、Windowsの既定ではエクスプローラーが開きますが、圧縮解凍アプリをインストールすると、そのアプリで開くように変更される場合があります。ソフトをアンインストールして、元の設定に戻れば良いのですが往々にして元には戻りません。

そこで、特定のファイルをダブルクリックして開くときに利用されるアプリ(既定のアプリ)を変更する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Professional 64bit 1809

既定のアプリを変更する方法

ここでは、例としてJPEGファイルをダブルクリックしたときに開くアプリを変更してみます。Windows10では、JPEGファイルをダブルクリックすると既定では「フォト」で表示されますが、これを「ペイント」で開くように変更します。

なお、既定のアプリを変更する方法はいくつかありますが、ここでは最もカンタンに変更できると考えられる手順を紹介します。(他のファイルの場合でもやり方は同じです。)

まず、任意の対象ファイル(ここではJPEGファイル)を右クリックし、メニューから「プログラムから開く」>「別のプログラムを選択」をクリックします。

表示されたメニューで、利用したいアプリ(ここでは「ペイント」)を選択し、「常にこのアプリを使って.xxxファイルを開く」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。

以上で、ファイルをダブルクリックしたときに利用されるアプリが変更されます。(ここでは「ペイント」で開くようになります。)

まとめ

アプリをいろいろインストールしたりアンインストールしたりしていると、既定のアプリが勝手に変更されている場合もあるので、カンタンな手順ですが覚えていると便利ですよ。

スポンサーリンク