Windows10で画像ファイルをWindowsフォトビューアーで開く方法

Windows10で画像ファイルをWindowsフォトビューアーで開く方法

現在のWindows10では、画像ファイル(JPEG, PNG, BMPなど)を閲覧するアプリとしてデフォルトで「フォト」アプリが指定されていますが、フォトアプリは以前のWindowsフォトビューアーに比べていろいろな機能が搭載されて便利になっている反面、動作が遅いなど不満に感じる点があります。

そのため、画像を閲覧するときに、以前のWindowsフォトビューアーを引き続き利用したいとお思いの方もいらっしゃると思います。

そこでここでは、Windows10で画像ファイルを閲覧するときに「Windowsフォトビューアー」で開くようにする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H2

Windowsフォトビューアーを利用するには

Windows10で画像ファイルを閲覧するときにWindowsフォトビューアーを利用できるようにするには、レジストリ設定が必要になり手順は次のとおりです。

まず、メモ帳を起動して、以下の内容を貼り付けます。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Classes\Applications\PhotoViewer.dll\shell\open\DropTarget]
"Clsid"="{FFE2A43C-56B9-4bf5-9A79-CC6D4285608A}"

[HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Classes\SystemFileAssociations\image\OpenWithList\PhotoViewer.dll]
Windows10で画像ファイルをWindowsフォトビューアーで開く方法

メモ帳に貼り付けたときの画面

つぎに、メモ帳のファイルメニューから「名前を付けて保存」を選択して、ファイル名を「xxx.reg」としてデスクトップなどに保存します。(xxxの部分は任意の名前でOKです。)

Windows10で画像ファイルをWindowsフォトビューアーで開く方法

作成したファイル「photo.reg」をダブルクリックすると、以下の警告画面が表示されるので「はい」をクリックします。

Windows10で画像ファイルをWindowsフォトビューアーで開く方法

「レジストリに正常に追加されました。」画面が表示されるので「OK」をクリックします。

Windows10で画像ファイルをWindowsフォトビューアーで開く方法

以上で、画像ファイルを右クリックして、メニューから「プログラムから開く」を選択すると、選択可能なアプリの一覧から「Windowsフォトビューアー」を選択できるようになります。

Windows10で画像ファイルをWindowsフォトビューアーで開く方法

既定のアプリを変更したいときは

選択した画像ファイルを、常に「Windowsフォトビューアー」で開くよう設定したい場合は、右クリックメニューで「別のプログラムを選択」を選択します。

Windows10で画像ファイルをWindowsフォトビューアーで開く方法

「このファイルを開く方法を選んでください。」画面が表示されるので「Windowsフォトビューアー」を選択して「常にこのアプリを使って.xxxを開く」にチェックを入れた状態で「OK」をクリックします。

Windows10で画像ファイルをWindowsフォトビューアーで開く方法

以上で、選択した拡張子(上の画像ではPNG)の画像ファイルが、常にWindowsフォトビューアーで開くようになります。

あとがき

Windows10のフォトアプリもバージョンアップを重ねて進化しており、ビューアーとしての使いづらさは解消してきていますが、それでも使い慣れたWindowsフォトビューアーが良いとお思いなら、ここで紹介した方法が役立つでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。