Windowsでアプリが32bit版か64bit版かを判別する方法

Windowsでアプリが32bit版か64bit版かを判別する方法

Windows向けのアプリケーションの中には、32bit版と64bit版が提供されているケースがあり、64bit版のWindows上では、アプリの実行ファイル名に「x64」などのように、64bit版であることがわかる名前が付いていないと、そのアプリが32bit版か64bit版かをぱっと見で判別することができません。

そこでここでは、64bit版のWindowsで(実行している)アプリが32bit版か64bit版かを判別する方法を紹介します。

なお、32bit版のWindows上では32bit版のアプリしか実行できないので、判別は不要です。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows 10 Pro 64bit22H2

タスクマネージャーで判別する

判別したいアプリが実行中の場合は、タスクマネージャーで32bit版か64bit版かを判別できます。

判別方法は、タスクマネージャーを詳細表示にして「プロセス」タブを開き、対象アプリの名前欄でアプリケーション名の後ろに「(32ビット)」の記載があれば、そのアプリは32bit版となり、記載がなければ64bit版のアプリとなります。

たとえば、以下の画像では「VLC media player」というアプリが32bitアプリであることが分かります。

Windowsでアプリが32bit版か64bit版かを判別する方法

アプリのインストール先で判別する

判別したいアプリを実行せずに判別したい場合、そのアプリがインストーラーを使ってインストールされたアプリなら、インストール場所で32bit版か64bit版かを判別できる場合があります。

64bit版のWindowsでは、32bit版アプリと64bit版アプリのデフォルトのインストール場所は、次のとおりです。

  • 32bitアプリ:C:\Program Files (x86)\
  • 64bitアプリ:C:\Program Files\

アプリのインストール場所を確認するときは、アプリのショートカットを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。

Windowsでアプリが32bit版か64bit版かを判別する方法

プロパティ画面が開いたら「ショートカット」タブで「リンク先」のパスを確認し「C:\Program Files (x86)\」から始まっていれば32bitアプリ、「C:\Program Files\」から始まっていれば64bitアプリとなります。

たとえば、以下の画像では「7-Zip」というアプリのインストール場所が「C:\Program Files\」から始まっているので、64bitアプリと推察できます。

Windowsでアプリが32bit版か64bit版かを判別する方法

なお、インストール場所はアプリをインストールするときに自由に変更できるので、「C:\Program Files (x86)\」にインストールされているから32bitアプリ、「C:\Program Files\」にインストールされているから64bitアプリと断定はできません。

アプリが対応している互換モード判別する

判別したいアプリを実行せずに判別したい場合、アプリの実行ファイル(.exeファイル)やショートカットのプロパティー画面の「互換性」タブで判別することもできます。

まず、アプリの実行ファイルやアプリのショートカットを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。

Windowsでアプリが32bit版か64bit版かを判別する方法

プロパティ画面が開いたら「互換性」タブで「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェック入れて、その下の互換モードのリストを展開して「Windows 95」が含まれていれば、そのアプリは32bitアプリとなり、そうでなければそのアプリは64bitアプリとなります。

以下の画像では、互換モードのリストに「Windows 95」が含まれていないので、64bitアプリと分かります。

Windowsでアプリが32bit版か64bit版かを判別する方法