ちょっとした翻訳には、ブラウザの翻訳機能がもってこい

Webサイトを閲覧していて、外国語ページの内容を大まかにでも日本語化したいときに役立つのがブラウザの翻訳機能です。ここでは「Google Chrome」「Microsoft Edge」「Mozilla Firefox」それぞれの翻訳機能について紹介します。

Google Chrome

Chromeでは標準で翻訳機能があり、外国語のページを表示すると下の画像のようにアドレスバーに翻訳ボタンが現れます。この翻訳ボタンをクリックすることで簡単にページ全体を翻訳することができます。

また、拡張機能の「Google翻訳」をインストールすることで、標準機能でできるページ全体の翻訳以外にも、以下のような機能が利用できます。

選択テキストの翻訳と音声読み上げ

選択したテキストをポップアップ表示で翻訳でき、音声読み上げも可能です。

段落ごとに原文を表示

ページ全体を翻訳した際に、マウスポインターを合わせた段落の原文をポップアップ表示できます。

Microsoft Edge

Edgeでは、拡張機能「Translator for Microsoft Edge」をインストールすることでアドレスバーに翻訳ボタンが表示されて、クリックすることでページ全体を翻訳できるようになります。

選択テキストの翻訳

テキストを選択して、選択領域のみを翻訳することもできます。翻訳結果はインラインで表示されます。

Mozilla FireFox

FireFoxでは、アドオンをインストールすることで翻訳できるようになります。おすすめのアドオンは「Simple Translate」です。日本の方が作ったアドオンなのでかゆいところに手が届いており、使いやすいです。

選択テキストの翻訳

ポップアップ表示で翻訳

テキストを選択した状態で、翻訳ボタンをクリックすると翻訳がポップアップ表⽰されます。

翻訳パネルで翻訳

テキストを選択肢た状態で、ツールバーのボタンをクリックすると、翻訳パネルで翻訳を表示することもできます。

翻訳パネルでは、テキストを⼊⼒するとでリアルタイムに翻訳することもできます。

コンテキストメニューから翻訳

コンテキストメニューからは、選択したテキストを翻訳したり、ページ全体を翻訳することができます。

まとめ

翻訳の精度については、私的には違いをあまり感じませんでした。使い勝手でいうとFirefoxの「Simple Translate」がきめ細かく設定ができて使い勝手が良いと感じました。

スポンサーリンク