PDFファイルの特定ページ(領域)を画像ファイルとして保存する方法

PDFファイルを利用していて、特定のページや領域を画像ファイルとして保存したい場合があります。

そんなときの保存方法としては、以下の方法が思いつきます。

  • Webサービスを使う
  • PDFビューアーの機能を利用する
  • 変換ツールを使う

この中から、ビジネス環境を含めてなおススメの方法は、PDFビューアーの定番「Adobe Acrobat Reader DC」の機能を利用する方法です。

そこで、ここでは「Adobe Acrobat Reader DC」で、PDFファイルの特定のページや領域を画像ファイルとして保存する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903
Adobe Acrobat Reader DC 2019.012.20040

特定ページや領域を画像ファイルとして保存する方法

「Adobe Acrobat Reader DC」で、PDFファイルの特定のページや領域を画像ファイルとして保存するには、次の2つの方法があります。

  • 「スナップショット」ツールを利用する
  • 「ファイルをクリップボードにコピー」を利用する
Memo

なお、PDFファイルにコピー制限が掛けられている場合は、「Adobe Acrobat Reader DC」ではコピーすることはできません。

「スナップショット」ツールを利用する

「スナップショット」ツールでは、PDFファイルの特定のページや領域をビットマップ画像としてクリップボードにコピーすることができます。

手順は、次のとおりです。

まず、PDFファイルを開いて、ツールバーから「スナップショット」アイコンをクリックして有効化します。

有効化すると、アイコンの色が青色に変わります。

ツールバーにスナップショットが表示されていない場合は、ツールバーのなにもないところを右クリックして「編集ツールを表示」から「スナップショット」を選択します。

スナップショットを有効化したら、コピーしたいページをクリックするか、コピーしたい領域をドラッグします。

すると「選択した領域がコピーされました」というメッセージが表示されるので「OK」をクリックします。

以上で、選択したページや領域がクリップボードにビットマップ画像としてコピーされます。

あとは、ペイントなどの画像編集ツールに貼り付ければ、JPEGやPNGなどの画像ファイルとして保存でき、他のアプリケーションに画像として貼り付けることもできます。

なお、環境設定でコピーされる画像の解像度を指定することも可能です。

「ファイルをクリップボードにコピー」を利用する

「ファイルをクリップボードにコピー」では、PDFファイルの特定のページをビットマップ画像としてクリップボードにコピーすることができます。

手順は、次のとおりです。

まず、PDFファイルを開き、コピーしたいページを表示させた状態で「編集」メニューから「ファイルをクリップボードにコピー」をクリックします。

以上で、現在表示されているページが、クリップボードにビットマップ画像としてコピーされます。

あとは、先ほどと同じように、ペイントなどの画像編集ツールに貼り付けて、JPEGやPNGなどの画像ファイルとして保存するなり、他のアプリケーションに画像として貼り付けます。

あとがき

ビジネス環境では、PDFビューアーとして「Adobe Acrobat Reader DC」を利用している場合が多いため、ビューアーのみでこのような機能が利用できるのは便利ですね。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る