Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)に接続して利用する場合、有線LANのようにLANケーブルを接続すればすぐにインターネットに接続できるというものではなく、あらかじめ接続設定を行わなければなりません。

そこでここでは、一般的な家庭環境を例に、Windows10を無線LAN(Wi-Fi)に接続するための手順を紹介します。

なお、ここでは家庭内でWi-Fiルーターが稼動しており、インターネット接続できる環境は整っていることを前提とします。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit22H2

無線LAN(Wi-Fi)へ接続する

Windows10で無線LAN(Wi-Fi)の接続を設定する手順は、次のとおりです。

Windows10マシンで、タスクバー右端にある「アクションセンター」アイコンをクリックして、クイックアクションの一覧から「ネットワーク」をクリックするか、タスクトレイに表示されているネットワーク接続アイコンをクリックします。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

すると、接続可能なアクセスポイントが一覧表示されるので、接続するアクセスポイント名をクリックします。

Wi-Fiルーターの設定で「SSIDステルス」を有効にしていると、アクセスポイントが一覧に表示されません。そのようなときは、下記のSSIDを手動で入力する手順を実施します。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

アクセスポイントの接続ボタンが表示されるのでクリックします。

今後、このアクセスポイントに自動的に接続したい場合は「自動的に接続」にもチェックを入れておきます。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

ネットワークセキュリティキーの入力ボックスが表示されるので、アクセスポイントのパスワードを入力して「次へ」をクリックします。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

アクセスポイントの表示が「接続済み、セキュリティ保護あり」と表示されていれば、接続完了です。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

タスクトレイのインターネット接続アイコンは以下の画像のように表示され、インターネット通信ができるようになっているので、Webブラウザーを起動しインターネット上のWebページが表示できるか確認します。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

SSIDを手動で設定するには

Wi-Fiルーターの設定で「SSIDステルス」を有効にしていると、接続したいアクセスポイントが一覧に表示されないため、手動でSSIDを入力して接続する必要があります。

手動でSSIDを入力するには、先ほどのアクセスポイントを選択する画面で「ネットワークとインターネットの設定」をクリックします。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

ネットワークとインターネットの設定画面が表示されるので、画面左側でWi-Fiを選択して、画面右側で「既知のネットワークの管理」をクリックします。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

既知のネットワークの管理画面が表示されるので「新しいネットワークの追加」をクリックします。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

新しいネットワークの追加画面が表示されるので、それぞれの項目を入力/設定して「保存」をクリックします。

  • ネットワーク名:接続するアクセスポイント名(SSID)を入力します。
  • セキュリティの種類:「WPA2-パーソナルAES」や「WPA3-パーソナル」を選択します。
  • セキュリティキー:アクセスポイントのパスワードを入力します。
  • 自動的に接続する:今後、このアクセスポイントに自動的に接続する場合はチェックを入れます。
  • このネットワークがブロードキャストしていない場合でも接続する:チェックを入れます。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

以上で設定完了です。

正常に接続できていれば、タスクトレイのインターネット接続アイコンは以下の画像のように表示され、インターネット通信ができるようになっているはずです。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

IPアドレスを手動で設定するには

Wi-FiルーターなどにDHCP機能がなく、IPアドレスが自動取得できない環境では、以降の手順を実施して、IPアドレスを手動で設定します。

IPアドレスを手動で設定する手順は、次のとおりです。

タスクトレイのインターネット接続アイコンをクリックして、接続しているアクセスポイントの「プロパティ」をクリックします。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

プロパティ画面が開いたら、下にスクロールして「IP設定」にある「編集」をクリックします。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

「IP設定の編集」画面が表示されるので、プルダウンから「手動」を選択します。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

「IPv4」のスイッチをクリックしオンに設定すると、IPアドレスなどの入力画面が表示されるので、環境に合わせてアドレス情報を入力し、入力が完了したら「保存」をクリックします。

※IPv6環境なら「IPv6」のスイッチをオンに設定して、情報を入力します。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

プロパティ画面に、設定した情報が表示されているので間違いがないことを確認します。

Windows10を無線LAN(Wi-Fi)接続するときの設定手順

以上で、IPアドレスの設定完了です。

あとがき

スマートフォンを使ったWi-FiテザリングやモバイルWi-Fiルーターなど、通信量に応じて課金される回線を利用している場合は、従量課金接続の設定もお忘れなく。

Windows10でデータ通信量を節約する方法(従量課金接続)
ここでは、Windows10で「従量課金接続」を使ってOSやアプリなどによるデータ通信を抑えて、データ通信量を節約する方法を紹介します。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。