コマンドでWindows10のネットワーク設定を行う方法

コマンドでWindows10のネットワーク設定を行う方法

Windows環境でIPアドレスなどのネットワークの設定を行う場合、通常はGUI操作で行いますが、頻繁にネットワーク設定を変更したい場合、GUI操作で変更するのは少々面倒です。

そんなときは、コマンドでネットワーク設定を変更すれば、いちいちネットワーク設定の画面を表示せずに済み、効率よく設定を変更できます。

そこで、ここではWindowsコマンドやPowerShellで、Windows10のネットワーク設定を行う方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

設定内容

ここでは、以下のネットワーク設定をコマンドで行います。

項目
IPアドレス 192.168.1.10
サブネットマスク 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.1.254
プライマリDNSサーバー 192.168.1.100
セカンダリDNSサーバー 192.168.1.110
インターフェース名 イーサネット

Windowsコマンドで設定する

Windowsコマンドで設定する場合は、管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、netshコマンドを利用します。

IPアドレスを設定するときは、以下のコマンドを実行します。

C:\> netsh interface ip set address "イーサネット" static 192.168.1.10 255.255.255.0 192.168.1.254

DNSサーバーを設定するときは、以下のコマンドを順に実行します。

C:\> netsh interface ip set dns "イーサネット" static 192.168.1.100 primary
C:\> netsh interface ip add dns "イーサネット" 192.168.1.110

以上で、ネットワーク設定は完了です。

設定は即時で反映されますが、うまく反映されない場合は、以下のコマンドを順に実行してインターフェースを再起動してみましょう。

C:\> netsh interface set interface "イーサネット" disable
C:\> netsh interface set interface "イーサネット" enable

インターフェースの設定内容を確認したいときは、以下のコマンドを実行します。

C:\> netsh interface ip show config "イーサネット"

コマンドでWindows10のネットワーク設定を行う方法

なお、IPアドレスやDNSサーバーを、デフォルトのDHCPによる割り当てに設定する場合は、以下のコマンドを順に実行します。

C:\> netsh interface ip set address "イーサネット" dhcp
C:\> netsh interface ip set dns "イーサネット" dhcp

PowerShellで設定する

PowerShellで設定する場合は、管理者権限でPowerShellを起動して、コマンドレットを組み合わせて実行します。

IPアドレスを設定するときは、以下のコマンドを実行します。

PS C:\> Get-NetAdapter -Name "イーサネット" | New-NetIPAddress -AddressFamily IPv4 -IPAddress 192.168.1.10 -PrefixLength 24 -DefaultGateway 192.168.1.254

DNSサーバーを設定するときは、以下のコマンドを実行します。

PS C:\> Get-NetAdapter -Name "イーサネット" | Set-DnsClientServerAddress -ServerAddresses 192.168.1.100, 192.168.1.110

以上で、ネットワーク設定は完了です。

設定は即時で反映されますが、うまく反映されない場合は、以下のコマンドを実行してインターフェースを再起動してみましょう。

PS C:\> Restart-NetAdapter -Name "イーサネット"

インターフェースの設定内容を確認したいときは、以下のコマンドを実行します。

PS C:\> ipconfig /all

コマンドでWindows10のネットワーク設定を行う方法

なお、IPアドレスやDNSサーバーを、デフォルトのDHCPによる割り当てに設定する場合は、以下のコマンドを順に実行します。

PS C:\> Get-NetAdapter -Name "イーサネット" | Set-NetIPInterface -AddressFamily IPv4 -Dhcp Enabled
PS C:\> Get-NetAdapter -Name "イーサネット" | Remove-NetRoute -DestinationPrefix 0.0.0.0/0 -confirm:$false
PS C:\> Get-NetAdapter -Name "イーサネット" | Set-DnsClientServerAddress -ResetServerAddresses -confirm:$false

あとがき

頻繁にネットワーク設定を変更する場合は、コマンドによる設定方法を覚えておけば、GUI操作での変更に比べて、格段に効率よく設定変更できるでしょう。

お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る