DDNS(ダイナミックDNS)を知り、DDNSサービスを利用する

自宅サーバーをインターネットに公開する場合に、よく利用されるのがダイナミックDNSサービス(以下、DDNS)です。

ここでは、ドメイン名・DNS・DDNSについてのかんたんな解説と、一例として、お名前.comのDDNSサービスの利用方法を紹介したいと思います。

ドメイン名とは

インターネット上の住所を表すグローバルIPアドレス(123.456.789.012)は、そのままでは人間が覚えやすい情報とは言えません。そこで、人間が見て分かりやすいように「名前」で宛先を指定できるようにしたのがドメイン名(yahoo.co.jpなど)です。

DNS(Domain Name System)とは

ドメイン名は人間にとってはわかりやすいですが、実際の通信では、ドメイン名のままでは宛先(グローバルIPアドレス)が分かりません。そこで、ドメイン名とグローバルIPアドレスを紐付ける必要があります。それを担っているのがDNSと呼ばれるシステムです。

DNSには、ドメイン名とグローバルIPアドレスの紐づけ情報が登録されており、私達がドメイン名で宛先を指定すると、通信の内部ではドメイン名に対応するグローバルIPアドレスをDNSサーバーに問い合わせて、実際の宛先を特定し、通信がおこなわれています。

このDNSサーバーは世界中にあり、私たち利用者は、最寄りのDNSサーバーを利用することで負荷分散されるようになっています。ですが、負荷分散されているために、グローバルIPアドレスとドメイン名の紐付け情報が更新された場合に、更新した情報がすべてのDNSサーバーに反映されるまでに24時間~72時間と長い時間がかかります。

通常、ドメイン名とグローバルIPアドレスの紐付け情報は、一旦登録するとめったに変更することはないため、更新に時間がかかっても問題ありませんが、個人が自宅サーバーをインターネットに公開する場合は事情が異なります。

個人が自宅にインターネット回線を引いた場合にプロバイダーから割り当てられるグローバルIPアドレスは一定ではありません。そのため、ドメイン名とグローバルIPアドレスの紐付け情報を頻繁に更新する必要がでてきます。ですが、DNSサーバーに登録されている紐付け情報は、更新の反映に時間がかかるため、頻繁な更新には対応しきれません。

DDNS(Dynamic Domain Name System)とは

これを解決してくれるのが、DDNSです。DDNSサーバーでは、通常のDNSの仕組みに加えて、特定の紐付け情報を動的に更新し、更新をすぐに反映するための仕組みが追加されています。 

実際には、自宅マシン側でツールなどを使用して、プロバイダーから割り当てられるグローバルIPアドレスに変更がないかを定期的にチェックします。グローバルIPアドレスに変更があると、更新された情報をDDNSサーバーに通知します。するとDDNSサーバー側で、指定されたドメイン名とグローバルIPアドレスの紐付けを情報を更新し、すぐにそれを反映してくれます。これにより自宅サーバーのようにグローバルIPアドレスが頻繁に変わっても対応できるというわけです。

DDNSサービス利用方法

ここでは、例として「お名前.com」のDDNSサービスの利用方法について紹介します。ちなみに、お名前.comのDDNSサービスは、お名前.comでドメイン名を取得している場合に限り無料で利用できます。

設定の流れは、次のとおりです。

  1. ドメイン管理用WebページでDNSレコードの設定
  2. お名前.comダイナミックDNSクライアントを自宅マシンにインストールし設定

DNSレコードの設定

手順は、以下のサイトを参考に設定します。

DNS関連機能の設定:DNSレコード設定|ドメイン取るならお名前.com

自分のグローバルIPアドレスを調べる

Windows環境の場合、以下のようなWebサービスにアクセスするとIPアドレスを表示してくれます。

アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】

レコード登録時の注意点

以下がレコードの登録画面ですが、自宅サーバーに設定するURLにより入力方法を変えます。たとえば

「http://www.hogehoge.com」のようなURLにする場合は、ホスト名に「www」と入力し、「http://hogehoge.com」のようにドメイン名をそのままURLにする場合は、ホスト名は空欄にします。

利用するネームサーバーの注意点

以下の確認画面の画像のように、ネームサーバーは「01.dnsv.jp、02.dnsv.jp、03.dnsv.jp、04.dnsv.jp」である必要があります。ネームサーバーが異なる場合は、以下のガイドに従い、ネームサーバーも変更します。

ネームサーバーの変更|ドメイン取るならお名前.com

ダイナミックDNSクライアントの設定

DNSレコードの設定が完了したら、次にダイナミックDNSクライアントをインストールして設定します。

インストール

Windows用ダイナミックDNSクライアントソフトウェアは、以下のサイトからダウンロードします。

お名前.comダイナミックDNS(DDNS)クライアントについて

インストール方法は、一般的なソフトウェアを同じなので割愛します。

インストール先は、公開するサーバーと同じインターネット回線につながっているマシンであれば、公開サーバー自身である必要はありませんが、ダイナミックDNSクラアントソフトが起動していないと意味がないので、なるべく稼働時間が長いマシンにインストールするのが良いでしょう。

Memo

お名前.comのDDNSは、クライアントソフトがWindows用しか提供されていないため、Linuxなどから更新を通知したい場合は、ドメイン名はお名前.comで取得して、DDNSは他のサービス(Mydnsなど)を使用する必要があります。

タスクの設定

クライアントソフトを起動すると、以下のような画面が表示されるので「タスク」メニューから「新規作成」を選択します。

以下のような登録画面が表示されるので「ホスト情報」にはDNSレコードを設定したときと同じ情報を入力し「お名前ログイン情報」には、お名前.com Naviにログインする時の情報を入力します。

入力が完了したら「OK」ボタンをクリックし、設定完了です。

これで、ダイナミックDNSクライアントソフトウェアを起動すると、プロバイダーから割り当てられるグローバルIPアドレスを定期的にチェックして、変更があるとDDNSサーバーに通知してくれます。

おまけ

ダイナミックDNSクライアントソフトウェアは、サービスソフトウェアのようにWindowsの起動と同時には起動しないため、ログオンユーザーのスタートアップに設定をしておけば、起動忘れを防げます。

設定は、ダイナミックDNSクライアントソフトウェアの「設定」>「環境設定」から設定できます。

まとめ

最近は、自宅サーバーを運用よりも、VPSなどのサービスを利用したほうが場合によってはコストメリットがあるかもしれませんが、ハードウェアを含めていろいろと自分で試行錯誤するのも楽しいものです。

スポンサーリンク