過去バージョンのWindows10のイメージファイルをダウンロードする方法

Windows10は、2015年にリリースされて以来、半年に一回の機能アップデートによりバージョンアップを重ねてきています。

通常は、最新バージョンしか利用することはないと思いますが、ビジネスでWindows10を利用する場合は、検証目的などで、あえて過去バージョンを必要とするケースがあります。

ですが、サポートが終了したバージョンのイメージファイルは、公式サイトからはダウンロードできません。

そこで、ここではフリーツール「Rufus」を使用して、Windows10の過去バージョンのイメージファイルをダウンロードする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1903
Rufus(Portable) 3.8.1580

過去バージョンをダウンロードする方法

「Rufus」は、イメージファイルなどから起動可能なUSBドライブを作成するツールですが、Windows 8.1/10のインストールイメージファイルをダウンロードする機能が搭載されています。

Rufusを利用してイメージファイルをダウンロードする手順は、次のとおりです。

まずは、Rufusを以下の公式サイトからダウンロードします。

ここでは、取り扱いが便利なポータブル版をダウンロードします。

Rufus

ダウンロードが済んだら、そのままファイルを実行します。

Rufusが起動したら「ブートの種類」から「ダウンロード」を選択後クリックします。

すると、イメージファイルのダウンロード画面が表示されるので「バージョン」から「Windows10」を選択し「続ける」をクリックします。

次に「リリース」から、ダウンロードしたいWindows10のバージョンを選択し「続ける」をクリックします。

次に「エディション」を選択して「続ける」をクリックします。

選択可能なエディションは「Home/Pro」か「Education」です。

次に「言語」を選択して「続ける」をクリックします。

選択可能な言語は38言語です。

次に「アーキテクチャ」を選択して「ダウンロード」をクリックします。

「名前を付けて保存」画面が表示されるので、ダウンロードするイメージファイルの保存場所を指定して「保存」をクリックすると、ダウンロードが開始されます。

なお、ダウンロードの進捗は、メイン画面下部に表示されています。

あとがき

ビジネス用途では、Windows10のアップデート検証やアプリの動作検証などで、過去バージョンが必要となるケースが結構あります。

いざというときに備えて、ここで紹介した方法でイメージファイルを入手しておけば安心ですね。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る