Windows10「バージョン21H2(November 2021 Update)」の変更点

Windows10「バージョン21H2(November 2021 Update)」の変更点

2021年11月16日に、Windows10の機能更新プログラム「Windows10 バージョン21H2(November 2021 Update)」がリリースされました。

Windows 10 のダウンロード | Microsoft

今回の機能アップデートは、新たに追加された機能も少なく、更新もこれまでと同じように、WindowsUpdate、更新アシスタント、インストールメディアのいずれかで更新が可能となっています。

そこでここでは、機能アップデート「バージョン21H2(November 2021 Update)」の変更点を紹介します。

機能アップデートの適用を検討している方は参考にしてみてください。

Windows10で機能更新プログラムを手動でインストールする方法
Windows10では、年に2回「機能更新プログラム」と呼ばれる大型アップデートが行われます。直近では「Windows10 Octobe...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H2

追加・改善された機能

「バージョン21H2(November 2021 Update)」では、次の機能が追加されています。

  • Wi-Fiの新しいセキュリティ規格「WPA3 H2E」のサポート
  • 法人向け機能「Windows Hello for Business」で、クラウドトラストという新たな展開方法をサポート
  • 「Windows Subsystem for Linux(WSL)」と「Azure IoT Edge for Linux on Windows(EFLOW)」でGPU演算をサポート

How to get the Windows 10 May 2021 Update | Windows Experience Blog

いずれの新機能も、どちらかといえばニッチな機能のため、すぐに更新の必要性を感じる方はそれほど多くないと思いますが、機能アップデートには不具合の修正も含まれているので、Windows10の安定性は向上していると思われます。

今後の更新サイクル

Windows10は、これまで機能更新プログラムが年に2回リリースされてきましたが、今後はWindows11のリリースサイクルに合わせて「年に1回」へ変更され、Windows 10/11ともに、次回の機能アップデートは来年2022年後半にリリースされるようです。

あとがき

Windows10では、今後新しい機能が実装される可能性は低いですが、安定性は向上していくのではないでしょうか。

Windows10の延長サポート期限は2025年10月14日とまだまだ先なので、安定した環境でWindowsを利用したいなら、現状ではWindows11よりWindows10でしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ