CentOS7:Nginx1.12系(stable版)から1.13系(mainline版)へアップデートする

Nginx mainline

Nginxには、stable版とmainline版の2系統あります。epelからインストールするとstable版がインストールされますが、新機能やバグ修正はmainline版にいち早く提供されることから、自サーバーのNginxをstable版からmainline版へアップデートしてみました。

ここでは、WordPress環境(CentOS7+Nginx+php-fpm+Mariadb)で、Nginxを1.12系(stable版)から1.13系(mainline版)へアップデートしたときの手順を紹介します。

手順

repoファイルの作成

https://nginx.org/en/linux_packages.html#mainline」を参考にして、mainline版Nginxをインストールするためのyumリポジトリを作成します。

vi /etc/yum.repos.d/nginx-mainline.repo

[nginx]
name=nginx repo
baseurl=http://nginx.org/packages/mainline/centos/7/$basearch/
gpgcheck=0
enabled=1

stable版Nginxのアンインストール

既存のstable版Nginxをアンインストールします。

yum erase nginx

mainline版Nginxのインストール

先ほど作成したリポジトリを利用して、mainline版Nginxをインストールします。

yum install --enablerepo=nginx nginx

設定ファイルの統合

設定ファイル「nginx.conf」などでrpmnewファイルができている場合は、既存の設定ファイルと新しい設定ファイルを統合します。

CentOS7:パッケージアップデートでrpmnew、rpmsaveファイルができたときは
CentOS7でパッケージをアップデートしたときに「.conf.rpmnew」ファイルや「.conf.rpmsave」ファイルが作成され...
Memo

設定ファイルを統合し終えたら「nginx -t」コマンドで、構文チェックを忘れずに。

サービスの起動と自動起動設定

サービスの起動と、自動起動設定をしておきます。

systemctl start nginx
systemctl enable nginx
systemctl status nginx

更新結果確認

Nginxのバージョンが更新されていることを確認します。

nginx -v
nginx version: nginx/1.13.10

以上で完了です。

まとめ

以前は、標準のリポジトリからパッケージをインストールすれば最新と思っていましたが、意外とそうでもないようですね。

スポンサーリンク