Androidスマホで紙文書をスキャンしてPDF保存する最も手軽な方法

Androidスマホを利用していて、紙の書類を撮影してPDFに変換する場合、専用のスキャンアプリをインストールするのが一般的です。

ですが、わざわざアプリをインストールしなくても、標準搭載のアプリ「Googleドライブ」にも、紙の書類を撮影してPDFに変換する機能が搭載されています。

そこで、ここでは「Googleドライブ」で、紙の書類を撮影してPDFに変換する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のバージョンや機種などでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Google Nexus 5X(Android) 8.1.0
Googleドライブ 2.19.392.02.40

紙の書類をスキャンしてPDFに変換する方法

「Googleドライブ」アプリで、紙の書類をPDFに変換する手順は、次のとおりです。

まず「Googleドライブ」アプリを起動して、右下にある「+」ボタンをタップします。

すると、新規作成メニューが表示されるので「スキャン」をタップします。

初めて利用するときは、カメラへのアクセス許可を求められるので許可します。

カメラが起動したら、PDF化したい書類などを映してシャッターボタンをタップします。

撮影環境やフラッシュなどの調節も、上部のメニューから行えます。

撮影した画像に問題がなければ、画面中央下のチェックボタンをタップします。

すると、自動で対象エリアが判別され、画像として取り込まれます。

取り込まれた画像は、PDFとして出力する前に調節することができ、上部のボタンから、対象エリアの調整やモノクロ・カラーの選択が可能です。

画像の品質や、PDFとして出力する際のサイズや向きは自動で判別されますが、右上のボタンから「設定」を開いて手動で設定することもできます。

書類が複数枚にわたる場合は、左下の「+」ボタンをタップすれば続けて取り込めます。

調節が完了したら、右下のチェックマークをタップします。

「ドライブに保存」画面が表示されるので、ファイル名(ドキュメントのタイトル)などを指定して、右下の「保存」をタップします。

以上で、スキャンした画像がPDFファイルとしてGoogleドライブ上に保存されます。

以上で完了です。

頻繁に利用するならショートカットを作成しておこう

「Googleドライブ」アプリのスキャン機能を頻繁に利用するなら、ホーム画面にスキャンのショートカットを作成しておけます。

ショートカットを作成する手順は、次のとおりです。

ホーム画面の何もないところを長押しタップして、ウィジェットの追加画面を開き「ドライブ」にある「ドライブのスキャン」ウィジェットをホーム画面にドラッグします。

Memo

Androidスマホに複数のGoogleアカウントが登録されている場合は、アカウントを選択するよう求められる場合があります。

次に、ドキュメントの保存先を選択する画面が表示されるので、マイドライブに保存する場合は、そのまま右下の「選択」をタップします。

フォルダを作成してそこに保存したい場合は、右上の新規フォルダーアイコンをタップしてフォルダーを作成後「選択」をタップします。

以上で、ホーム画面にアイコンが生成されます。

作成されたアイコンをタップすると、カメラが起動してすぐにスキャンできるようになります。

あとがき

「Googleドライブ」のスキャン機能は、調整可能なオプションはスキャン専用アプリに比べて少なめですが、基本的な調整機能は搭載されており、スキャンアプリをわざわざインストールしなくてもサクッと利用できる点が便利です。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る