Androidスマホで紙の書類をテキストデータに変換する方法(Google Keep)

Androidスマホで、紙の書類などからテキストデータを抽出する場合、多くの方はOCR機能を搭載したスキャンアプリを利用することが多いと思いますが、専用アプリを利用しなくてもカンタンにテキストデータを抽出する方法があります。

それが、Googleが提供しているメモアプリ「Google Keep」の機能を利用する方法です。

そこで、ここでは「GoogleKeep」を利用して、紙の書類からテキストデータを抽出する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のバージョンや機種などでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Google Nexus 5X 8.1.0
Google Keep 5.19.391.05.40

画像ファイルからテキストデータを抽出する

まず、Androidスマホで「Google Keep」を起動し、画面右下の写真アイコンをタップします。

「画像を追加」画面が表示されるので、テキストを抽出したい画像を選択するか、テキストを抽出したい紙の書類を撮影します。

ここでは、例として「写真を撮影」をタップします。

カメラが起動するので、紙の書類を撮影します。(シャッターは真ん中のボタンです)

撮影すると画像がプレビューされるので、問題なければ真ん中のチェックマークをタップします。

撮り直したい場合は、左の戻るマークをタップすれば撮り直せます。

撮影した画像がメモとして登録されるので、画像をタップします。

すると、画像の編集画面が開くので、右上のメニューボタンをタップします。

メニューが表示されたら「画像のテキストを抽出」をタップします。

以上で、同じメモの画像の下に抽出されたテキストが表示されます。

文字の認識精度は、手書き以外の文字であればおおむね問題なく認識してくれます。

あとがき

普段から「Google Keep」を利用しているなら、わざわざスキャンアプリを使わなくても、紙の書類や画像からサクッとテキストデータだけを抽出できて便利ですよ。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る