「VMware PlayerとDevice/Credential Guardには互換性がありません。」で仮想マシンが起動できないとき

仮想マシンを動かしたいとき、最近はもっぱらWindows10のHyper-Vを使うことが多かったのですが、とあるOVA形式の仮想マシンをインポートする必要があり、久しぶりに「VMware Player」をインストールして、OVAファイルをインポートしました。

Memo

「VMware Player」は、2019年1月現在は「VMware Workstation 15 Player」という名前で提供されています。

OVAファイルのインポートはすんなりでき、仮想マシンが登録されたので起動しようとしたところ、次のような見慣れないエラーが表示され仮想マシンが起動できない・・・

ここでは、このエラーの簡単な回避方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Professional 64bit 1809
VMware Workstation 15 Player 15.0.2 build-10952284

エラーと原因

どうやら、Windows10のHyper-Vが有効になっている環境で、VMware Playerの仮想マシンを起動しようとすると、次のようなエラーが表示されて仮想マシンが起動できない場合があるようです。

VMware PlayerとDevice/Credential Guardには互換性がありません。VMware Playerは、Device/Credential Guardを無効にした後で実行することができます。詳細については、http://www.vmware.com/go/turnoff_CG_DG を参照してください。

また、次のようなエラーが表示されて、同じように仮想マシンが起動できない場合もあるようです。

VMware PlayerとHyper-Vは互換性がありません。 VMware Playerを実行する前に、システムからHyper-Vの役割を削除してください。 

回避方法

上記のエラーに記載されているURLに回避手順が紹介されていますが、英語での紹介で手順もややこしいです。

他の回避方法がないか探してみたところ、Hyper-V機能を無効化することでエラーを回避でき、VMware Workstation 15 Playerの仮想マシンを起動できるようになるようです。

Hyper-V機能を無効化する方法としては「Windowsの機能の有効化または無効化」からHyper-Vをアンインストールしてしまう方法もありますが、Hyper-V機能も使う場合は、次の手順で、Hyper-V機能を一時的に無効化することができます。

管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを実行します。

bcdedit /set hypervisorlaunchtype off

コマンド実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されていることを確認し、マシンを再起動すれば、Hyper-V機能は無効化されます。

なお、Hyper-Vを有効化するときは、次のコマンドを実行します。

bcdedit /set hypervisorlaunchtype auto

あとがき

上のような事象は、Hyper-VとVirtuaboxの組み合わせでも起こるようです。

あなたへのおすすめコンテンツ
トップへ戻る