Windows10でPC全体を高速に検索するための設定方法

Windows10でPC全体を高速に検索するための設定方法

Windows10では、フォルダーやファイルを高速に検索するためにインデックス(索引)が作成されています。

Memo

インデックスの作成は、インデクサーと呼ばれるプログラムで行われており、ファイル名や作成更新日時といったプロパティ情報やファイルの内容の索引を作成しています。

フォルダーやファイルを検索するときに、このインデックス(索引)を使って検索することで、高速に検索することができます。

ですが、インデックスの作成はCPUやディスクに負荷がかかる処理ため、デフォルトではインデックの作成対象が、ライブラリとデスクトップにといったユーザーフォルダーに限定されています。

そのため、PC全体を対象としてフォルダーやファイルを検索すると、検索にとても時間がかかってしまいます。

そこでここでは、Windows10で検索設定を調整して、PC全体を高速に検索する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

インデックスの作成対象を拡張する

Windows10では、デフォルトでインデックスの作成対象がライブラリとデスクトップに限定されています。

ですが、以下の手順でインデックスの作成対象をPC全体に設定することができます。

まず、Windowsの「設定」から「検索」を選択します。

Windows10でPC全体を高速に検索するための設定方法

「検索」画面が表示されたら、画面左側から「Windowsの検索」を選択し「ファイルを選択」で「拡張」を選択します。

Windows10でPC全体を高速に検索するための設定方法

インデックスの作成対象から除外したいフォルダーがあるときは「除外するフォルダーの追加」をクリックして、除外するフォルダーを指定します。

Memo

デフォルトで「C:\Windows」は除外するフォルダーに指定されているため、システムフォルダー内を検索することがよくあるなら、「C:\Windows」を除外するフォルダーから削除しておきましょう。

なお「C:\Windows」内にはたくさんのシステムファイルがあるため、インデックスの作成には数時間はかかります。

Windows10でPC全体を高速に検索するための設定方法

ノートPCなど、バッテリー駆動することがあるパソコンでは「インデクサーのパフォーマンス」で「デバイスの電源モード設定を優先する」をオンに設定しておくことで、インデックスの作成処理によるシステム負荷(バッテリー消費)を抑えることができます。

Windows10でPC全体を高速に検索するための設定方法

インデックスの作成処理の進捗は「インデックスステータス」で確認でき、「保留中」がゼロになれば、インデックスの作成完了です。

Windows10でPC全体を高速に検索するための設定方法

以上で、インデックスの作成対象をPC全体に設定することができます。

なお、インデックスの作成処理は、初回作成時はCPUやディスクに負荷がかかりますが、正しく作成できれば、以降は変更があったファイルやフォルダーのみをインデックス処理するようになるため、システムに負荷かかかり続けるといったことはありません。

ただし、機能アップデートなどシステムに大きな変更が加えらるようなときは、インデックスが作成し直されることもあるようです。

ファイル単位でインデックス対象を変更する

上の方法は、フォルダー単位でインデックスするかしないかだけを設定していますが、フォルダーに加えてファイル種類によってインデックスを作成するかしないかを設定することもできます。

ファイル種類に応じてインデックスを作成するかしないかを設定したいときは、コントロールパネルの「インデックスのオプション」>「詳細設定」>「ファイルの種類」で設定できます。

チェックボックスをオフにすれば、その種類のファイルをインデックスの対象から外すことができます。

Windows10でPC全体を高速に検索するための設定方法

また「インデックスの作成方法」では、ファイルの種類ごとにファイルのプロパティ情報のみをインデックスするか、プロパティ情報と内容の両方をインデックスするかを選択できます。

Windows10でPC全体を高速に検索するための設定方法

ファイル単位でインデックスの対象を細かく設定したいときに役立ちます。

インデックスの作成が正常に完了しないときは

大量のファイルを一気にインデックス化しようとすると、インデックス処理がいつまでたっても完了せず、システムに負荷がかかり続けるといったトラブルが発生することがあります。

そのようなときは、インデックス対象のフォルダーを少しずつ増やすことで、トラブルなくインデックスを作成できる場合があります。

また、Windows10には標準で検索とインデックス作成でのトラブルに役立つトラブルシューティングツールが用意されており、こちらのツールが役立つこともあるでしょう。

トラブルシューティングツールは、Windowsの「設定」から「更新とセキュリティ」>「トラブルシューティング」>「追加のトラブルシューティングツール」>「検索とインデックス作成」から起動できます。

Windows10でPC全体を高速に検索するための設定方法

トラブルシューティングツールでは、発生している問題を選択して実行することで、問題を解決できる場合があります。

Windows10でPC全体を高速に検索するための設定方法

あとがき

Windows10でのインデックス作成は、動作の安定性に不安な点もありますが、正しく作成できればフォルダーやファイルの検索を、サードパーティーの検索ツールを使わなくても高速に検索することができるでしょう。

お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ