Windows10:セーフモードで起動する方法

Windowsを使用していて何か問題が発生した場合などのトラブルシューティングとして、セーフモードでマシンを起動させたい場合があります。

ここでは、Windows10をセーフモードで起動する方法をご紹介します。

セーフモードでは、スタートアッププログラムは実行されず、Windows の起動に必要な基本ドライバーのみが読み込まれされます。

手順

  1. Windowsにログオンしている状態で「Shift」キーを押しながら「再起動」メニューを選択します。(もしくは、管理者権限でコマンドプロンプト起動し「shutdown /r /o /t 0」を実行します)
  2. すぐに再起動されずに「オプションの選択」画面が表示されるので「トラブルシューティング」を選択します。
  3. 「トラブルシューティング」画面で、「詳細オプション」を選択します。
  4. 「詳細オプション」画面で、「スタートアップ設定」を選択します。
  5. 「スタートアップ設定」画面で、「再起動」ボタンをクリックします。
  6. 再起動後、「スタートアップ設定」画面が表示されるので、キーボードの「4」キーを押し、「4)セーフモードを有効にする」を選択します。
  7. PCがセーフモードで起動します。

    ※セーフモードで起動した場合、スクリーンの四隅などに[セーフモード]と表示されます。

まとめ

Windows7以前とWindows8以降では、セーフモードで起動させる方法が異なるため、なにかあるたびに調べていたのでこれで大丈夫。

スポンサーリンク