Windows 10や11をセーフモードで起動する4つの方法

Windows 10や11をセーフモードで起動する4つの方法

Windows 10やWindows 11を使用していて、何か問題が発生した場合などのトラブルシューティングで、Windowsをセーフモードで起動したいときがあります。

セーフモードでは、Windowsの動作に必要な最低限のプログラムのみが実行されるため、トラブルや不具合の原因を特定したり修復する際に役立ちます。

そこでここでは、Windows10を例にセーフモードで起動する方法を4つ紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows 10 Pro 64bit22H2

電源メニューから

電源メニューからWindowsをセーフモードで起動する場合は、Windowsにサインインしている状態で「Shift」キーを押しながら「再起動」をクリックします。

Windows 10や11をセーフモードで起動する4つの方法

すると「Windows回復環境」が起動して「オプションの選択」画面が表示されるので「トラブルシューティング」を選択します。

Windows 10や11をセーフモードで起動する4つの方法

「トラブルシューティング」画面で、「詳細オプション」を選択します。

Windows 10や11をセーフモードで起動する4つの方法

「詳細オプション」画面で、「スタートアップ設定」を選択します。

Windows 10や11をセーフモードで起動する4つの方法

「スタートアップ設定」画面で、右下の「再起動」ボタンをクリックします。

Windows 10や11をセーフモードで起動する4つの方法

マシンが再起動すると「スタートアップ設定」画面が表示されるので、キーボードの「4」キーを押し、「4)セーフモードを有効にする」を選択します。

Windows 10や11をセーフモードで起動する4つの方法

あとは、普段利用しているアカウントでサインインすれば、セーフモードで起動します。(セーフモードでWindowsを起動すると、画面の四隅に「セーフモード」と表示されます。)

Windows 10や11をセーフモードで起動する4つの方法

Windowsの「設定」から

Windowsの「設定」からWindowsをセーフモードで起動する場合は、Windowsの「設定」で「更新とセキュリティ」を選択します。

Windows 10や11をセーフモードで起動する4つの方法

「更新とセキュリティ」の設定画面で、画面左側のメニューから「回復」を選択して、画面右側で「PCの起動をカスタマイズする」>「今すぐ再起動」をクリックします。

Windows 10や11をセーフモードで起動する4つの方法

すると「Windows回復環境」が起動するので、以降は上記の「電源メニューからセーフモード起動する」手順と同じ操作でセーフモードを起動できます。

shutdownコマンドから

shutdownコマンドからWindowsをセーフモードで起動する場合は、管理者権限でコマンドプロンプト起動して、以下のコマンドを実行します。

> shutdown /r /o /t 0

Windows 10や11をセーフモードで起動する4つの方法

すると「Windows回復環境」が起動するので、以降は上記の「電源メニューからセーフモード起動する」手順と同じ操作でセーフモードを起動できます。

自動修復モードから

Windowsの起動に複数回失敗すると、自動的に「自動修復」が実行され、自動修復後に「Windows回復環境」が起動します。

「Windows回復環境」が起動したあとは、上記の「電源メニューからセーフモード起動する」手順と同じ操作でセーフモードを起動できます。

あとがき

Windows 7以前とWindows 8以降では、Windowsをセーフモードで起動させる方法が異なるため、いざセーフモードで起動させようとしたときに、手順が分からないなんてこともあるので、そのようなときにお役立てください。