Windows10:特別なフォルダーは「Shell:」から開くと楽チン。

WindowsOSには、「スタートアップ」、「送る」メニュー、「最近使った項目」など、特定の用途のためのフォルダーがたくさんあります。

これらのフォルダーに項目を追加したりする場合、エクスプローラーで該当するフォルダーを開いて、新しい項目を追加したり、既存の項目を削除したりするのが一般的ですが、これらの特別なフォルダーは、深い階層にあることが多く、エクスプローラーからパスをたどって開くのは結構面倒です。

そんな時は「shell:」コマンド利用してみてください。「shell:」コマンドを利用すれば、特別なフォルダーを素早く開くことができるのです。

ここでは「shell:」の使い方や、Windows10でこのコマンドから開くことができるフォルダーを紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Professional 64bit 1809

「shell:」の使い方

「shell:」は、次に挙げる方法で実行することができます。

「ファイル名を指定して実行」から

「エクスプローラー」のアドレスバーから

「コマンドプロンプト」や「Windows PowerShell」から

コマンドプロンプトや、Windows PowerShellから開く場合は、先頭に「explorer」を付加します。

「shell:」で開けるフォルダー

ここでは、Windows10で「shell:」から開くことができる主なフォルダーを紹介します。

コントロールパネルとシステムフォルダー

コマンド フォルダー
shell:ControlPanelFolder すべてのコントロールパネル項目
shell:AppUpdatesFolder インストールされた更新プログラム
shell:ChangeRemoveProgramsFolder プログラムのアンインストールまたは変更
shell:ConnectionsFolder ネットワーク接続
shell:PrintersFolder プリンター
shell:SyncCenterFolder 同期センター
shell:ProgramFiles C:\Program Files
shell:ProgramFilesX86 C:\Program Files (x86)
shell:ProgramFilesCommon C:\Program Files\Common Files
shell:ProgramFilesCommonX86 C:\Program Files (x86)\Common Files
shell:Windows C:\Windows
shell:Fonts C:\Windows\Fonts
shell:System C:\Windows\System32
shell:SystemX86 C:\Windows\SysWOW64

ユーザーフォルダー

コマンド フォルダー
shell:AppData C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming
shell:UserProgramFiles C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Programs
shell:Local AppData C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local
shell:UserProfiles C:\Users
shell:Profile C:\Users\<ユーザー名>
shell:Cookies クッキー
shell:NetHood ネットワーク ショートカット
shell:PrintHood プリンター ショートカット
shell:Programs スタートメニューのプログラム
shell:Recent 最近使った項目
shell:SendTo 「送る」メニュー
shell:Start Menu スタートメニュー
shell:Startup スタートアップ
shell:Templates テンプレート
shell:User Pinned ジャンプリスト
shell:Cache インターネット一時ファイル
shell:CD Burning CDやDVDの一時書き込みフォルダー
shell:History IEの履歴
shell:Contacts アドレス帳
shell:Downloads ダウンロード
shell:Favorites お気に入り
shell:Links リンク
shell:My Music ミュージック
shell:My Pictures ピクチャー
shell:My Video ビデオ
shell:Personal ドキュメント
shell:SavedGames 保存したゲーム
shell:Searches 検索
shell:Desktop デスクトップ
shell:Games ゲーム
shell:HomeGroupFolder ホームグループ
shell:MyComputerFolder コンピューター
shell:NetworkPlacesFolder ネットワーク
shell:RecycleBinFolder ごみ箱
shell:OneDrive OneDrive

ユーザー共通のフォルダー

コマンド フォルダー
shell:Common AppData C:\ProgramData
shell:Public C:\Users\Public
shell:Common Templates 共通のテンプレート
shell:Common Start Menu 共通のスタートメニュー
shell:Common Startup 共通のスタートアップ
shell:Common Programs 共通のスタートメニューのプログラム
shell:Common Administrative Tools 共通の管理ツール
shell:Common Desktop パブリックのデスクトップ
shell:Common Documents パブリックのドキュメント
shell:CommonDownloads パブリックのダウンロード
shell:CommonMusic パブリックのミュージック
shell:CommonPictures パブリックのピクチャー
shell:CommonVideo パブリックのビデオ

あとがき

なお、ここで紹介した以外で「shell:」コマンドから開くことができるフォルダーは、以下のレジストリキー配下を参照することで確認できます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\explorer\FolderDescriptions
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
トップへ戻る