Windows10の「DiskPart」でハードディスクを初期化&フォーマットする方法

Windows10の「DiskPart」でハードディスクを初期化&フォーマットする方法

Windows環境で、増設したハードディスクや外付けのハードディスクなどを初期化したりフォーマットする場合、一般的には「ディスクの管理」からマウス操作で作業を行うことが多いですが、それ以外の方法としてはコマンドラインツール「DiskPart」を使った方法があります。

そこで、ここではWindows10で「DiskPart」ツールを使って、ハードディスクを初期化したり、フォーマットする手順を解説します。

Windows10の「ディスクの管理」でハードディスクを初期化&フォーマットする方法
Windows環境で、購入したハードディスクなどを新たに接続して使い始める場合、まずは初期化やフォーマットが必要になります。(購入す...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

DiskPartツールでの作業手順

DiskPartツールでハードディスクを初期化したり、フォーマットする作業の流れは、次のとおりです。

  1. DiskPartツールを起動する
  2. ハードディスクを選択する
  3. ハードディスクを初期化する
  4. パーティションを作成する
  5. パーティションを選択する
  6. パーティションをフォーマットする

DiskPartツールを起動する

まず、管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを実行して「Diskpart」ツールを起動します。

> diskpart

Windows10の「DiskPart」でハードディスクを初期化&フォーマットする方法

ハードディスクを選択する

Diskpartツールが起動したら「list disk」コマンドを実行すると、搭載されているハードディスクの情報が一覧表示されるので、対象のハードディスク番号「ディスクx」を確認します。

どれが対象のハードディスクかを判別するには、ディスクのサイズで確認するのが分かりやすいでしょう。

> list disk

Windows10の「DiskPart」でハードディスクを初期化&フォーマットする方法

対象のハードディスク番号を確認したら「select disk」コマンドを実行して、ハードディスクを指定します。

ここでは「ディスク 1」を選択したいので、以下のように実行しています。

> select disk 1

コマンド実行後「ディスク X が選択されました。」と表示されていることを確認します。

Windows10の「DiskPart」でハードディスクを初期化&フォーマットする方法

もし、選択したハードディスクが正しいか不安なときは「detail disk」コマンドを実行することで、選択したディスクのメーカーや、ディスク上に作成しているボリューム情報などを確認することもできます。

ハードディスクを初期化する

ハードディスクを選択したら、つぎに選択したハードディスクを初期化します。

まず「clean」コマンドを実行して、選択しているハードディスクを初期化します。

> clean

「Diskpartはディスクを正常にクリーンな状態にしました。」のメッセージが表示されれば、ディスクの初期化完了です。

Windows10の「DiskPart」でハードディスクを初期化&フォーマットする方法

次に「convert gpt」コマンドを実行して、ハードディスクのパーティション形式をGPTに設定します。

> convert gpt

「DiskPartは選択されたディスクをGPTフォーマットに正常に変換しました。」と表示されれば、設定完了です。

Windows10の「DiskPart」でハードディスクを初期化&フォーマットする方法

Memo

初期化するハードディスクを、古いOS(WindowsXPなど)に接続することが予想される場合は、パーティション形式として「MBR」を指定しなければならないケースもありますが、MBRはディスクサイズを2TBまでしか認識できないので、通常用途で指定することはほとんどないでしょう。

パーティションを作成する

ハードディスクを初期化したら、次に「create partition primary」コマンドを実行して、ハードディスク上にパーティションを作成します。

> create partition primary

「Diskpartは指定したパーティションの作成に成功しました。」と表示されれば、パーティションの作成完了です。

Windows10の「DiskPart」でハードディスクを初期化&フォーマットする方法

複数のパーティションを作成したいときは

上のコマンドでは、ハードディスク全体で1つのパーティションを作成するためサイズ指定は行っていませんが「size=」でパーティションサイズを指定することで、1つのハードディスク上に複数のパーティションを作成することもできます。

たとえば、100GBのハードディスクに約50GBのパーティションを2つ作成したいときは、まず、以下のコマンドを実行して50000MB(約50GB)のサイズでパーティションを作成します。

> create partition primary size=50000

次に、残りの領域すべてを使ってもう一つのパーティションを作成します。このときはサイズを指定せずに実行することで、自動的に残りの領域すべてを使ってパーティションが作成されます。

> create partition primary

パーティションを選択する

パーティションを作成したら、次にパーティションをフォーマットしますが、選択しているハードディスクに複数のパーティションを作成している場合は、まずフォーマットするパーティションを選択します。

選択しているハードディスクにパーティションを一つしか作成していない場合は、この手順はスキップし「パーティションをフォーマットする」に進みます。

まず「list partition」コマンドを実行して、選択しているハードディスク内のパーティション情報を確認し、フォーマットするパーティションの番号を確認します。

> list partition

Windows10の「DiskPart」でハードディスクを初期化&フォーマットする方法

次に「select partition」コマンドを実行して、フォーマットするパーティション番号を指定します。

以下のコマンドでは「パーティション2」を選択しています。

> select partition 2

Windows10の「DiskPart」でハードディスクを初期化&フォーマットする方法

パーティションをフォーマットする

パーティションを選択したら「format」コマンドを実行し、パーティションをフォーマットします。

コマンドの「fs=」ではファイルシステムを指定し、「quick」はクイックフォーマットを指定しています。

> format fs=ntfs quick

「Diskpartはボリュームのフォーマットを完了しました。」と表示されれば、フォーマット完了です。

Windows10の「DiskPart」でハードディスクを初期化&フォーマットする方法

なお、ファイルシステムとして指定できるのは「NTFS」以外に「exFAT」「FAT32」がありますが、特別な事情がない限りは「NTFS」を指定します。

また、FAT32は、32GB以下のパーティションにしか利用できません。

ボリュームにドライブレターを割り当てる

つぎに「assign」コマンドを実行して、フォーマットしたボリュームにドライブレターを割り当てます。

コマンドの「letter=」の部分で割り当てたいドライブ文字を指定し、以下のコマンドではドライブ文字として「D」を指定しています。

> assign letter=D

「DiskPartはドライブ文字またはマウント ポイントを正常に割り当てました。」と表示されれば、割り当て完了です。

Windows10の「DiskPart」でハードディスクを初期化&フォーマットする方法

以上で作業完了です。

なお、選択しているハードディスク上で、複数のパーティションをフォーマットしたいときは「パーティションの選択→パーティションをフォーマット→ドライブレターの割り当て」の作業を繰り返します。

動作確認

作業が完了したら、エクスプローラーなどから、作成したボリュームが表示されているか、読み書きできるかなどを確認しておきましょう。

Windows10の「DiskPart」でハードディスクを初期化&フォーマットする方法

あとがき

DiskPartツールは、Windowsに古くから搭載されているディスク操作ツールで、ハードディスクなどをフォーマットするときだけでなく、ハードディスクを廃棄するときなどにディスク上のデータを消去するツールとしても活用できます。

ご活用あれ。

Windows10の「Diskpart」でハードディスク上のデータを完全消去する方法
古いハードディスク(HDDやSSD)を譲渡・売却・廃棄するとき、手放す前にデータを消去するのは必須の作業ですが、データの消去方法(ファイ...

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ