WindowsUpdateの自動更新を無効化する方法

WindowsUpdateの自動更新をレジストリ設定で無効化・有効化、既定値に戻す方法です。

手順

自動更新を無効化

「コマンドプロンプト」を管理者権限で起動し、以下のコマンドを実行します。

reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU" /v "NoAutoUpdate" /d "1" /t REG_DWORD /f

コマンド実行後に、画面に「この操作を正しく終了しました」と表示されれば設定完了です。

自動更新を有効化

「コマンドプロンプト」を管理者権限で起動し、以下のコマンドを実行します。

reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU" /v "NoAutoUpdate" /d "0" /t REG_DWORD /f

コマンド実行後に、画面に「この操作を正しく終了しました」と表示されれば設定完了です。

自動更新設定を既定値に戻す

「コマンドプロンプト」を管理者権限で起動し、以下のコマンドを実行します。

reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU" /f

コマンド実行後に、画面に「この操作を正しく終了しました」と表示されれば設定完了です。

まとめ

一時的に無効化したい時などに、ササッと実行できます。

スポンサーリンク