Windows10でWindowsUpdateの自動更新を無効化/有効化する方法

Windows10でWindowsUpdateの自動更新を無効化/有効化する方法

Windows10で更新プログラム適用時に再起動が必要なとき、どんなタイミングで再起動させるかは、Windows10にサインインしている時であれば、アクティブ時間の設定などである程度コントロールできますが、サインアウト状態のWindows10では再起動タイミングをコントロールすることはできません。

Windows10にユーザーがサインインしている/いないに関わらず、再起動タイミングをコントロールするには、Windows Updateの自動更新を無効化して、更新プログラムのチェック~インストール~再起動を手動で行うのが確実です。

そこで、ここではWindowsUpdateの自動更新をレジストリ設定で無効化・有効化、既定値に戻す方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 2004

自動更新を無効化する

「コマンドプロンプト」を管理者権限で起動し、以下のコマンドを実行します。

C:\> reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU" /v "NoAutoUpdate" /d "1" /t REG_DWORD /f

コマンド実行後に、画面に「この操作を正しく終了しました」と表示されていることを確認し、マシンを再起動すれば設定完了です。

自動更新を有効化する

「コマンドプロンプト」を管理者権限で起動し、以下のコマンドを実行します。

C:\> reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU" /v "NoAutoUpdate" /d "0" /t REG_DWORD /f

コマンド実行後に、画面に「この操作を正しく終了しました」と表示されていることを確認し、マシンを再起動すれば設定完了です。

自動更新の設定を既定値に戻す

「コマンドプロンプト」を管理者権限で起動し、以下のコマンドを実行し自動更新に関するレジストリ設定を削除します。

C:\> reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU" /f

コマンド実行後に、画面に「この操作を正しく終了しました」と表示されていることを確認し、マシンを再起動すれば設定完了です。

あとがき

Windows Upadateによる更新プログラム適用後の再起動のタイミングを完全にコントロールするには、自動更新を無効化して、更新プログラムの確認から適用/再起動までをすべて手動で実行するのが一番確実です。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る