Linuxコマンド:ファイル操作(cp, mv, rm, mkdir)

Linux環境で、ファイルやディレクトリを操作する基本的なコマンドと使用例まとめました。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のディストリビューションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)

cp

「cp」コマンドは、ファイルやディレクトリをコピーします。

書式とオプション

書式

cp [オプション]... コピー元ファイルorディレクトリ コピー先ファイルorディレクトリ

主なオプション

オプション 説明
-f コピー先にある同名ファイルを上書きします。
-i コピー先にある同名ファイルを上書くか確認します。
-p ファイル属性(所有者・アクセス権・最終更新時刻など)
を保ったままコピーします。
-r ディレクトリ内を再帰的にコピーします。

使用例

sampleA.txtを、sampleB.txtにコピーするには

cp sampleA.txt sampleB.txt

sampleA.txtを、ディレクトリ/home/hoge内にコピーするには

cp sampleA.txt /home/hoge

sampleA.txtとsampleB.txtの2ファイルを、ディレクトリ/home/hoge内にコピーするには

cp sampleA.txt sampleB.txt /home/hoge

「file」から始まるすべてのファイルを、/home/hogeにコピーするには

cp file* /home/hoge

ディレクトリdirectoryAを、サブディレクトリも含めてディレクトリdirectoryBにコピーするには

cp -r /home/hoge/directoryA /home/hoge/directoryB

mv

「mv」コマンドは、ファイルやディレクトリを指定した場所に移動します。

書式とオプション

書式

mv [オプション]... 移動元ファイルorディレクトリ 移動先ファイルorディレクトリ

主なオプション

オプション 説明
-f 移動先にある同名ファイルを上書きします。
-i 移動先にある同名ファイルを上書くか確認します。
-u 移動元ファイルの方が新しい場合のみ上書きします。

使用例

sample.txtを、ユーザーのホームディレクトリに移動するには

mv sample.txt ~

before.txtのファイル名を、after.txtに変更するには

mv before.txt after.txt

rm

「rm」コマンドは、ファイルやディレクトリーを削除します。

書式とオプション

書式

rm [オプション]... ファイル/ディレクトリ

主なオプション

オプション 説明
-f ユーザーへの確認なしに削除します。
-i 削除前に、ユーザーへ確認します。
-r ディレクトリ内のファイルを含めて、ディレクトリを削除します。

使用例

カレントディレクトリ内で拡張子がtxtのファイルを削除するには

rm *.txt

sampleディレクトリを、ディレクトリ内のファイルごと削除するには

rm -rf /tmp/sample

file1.txtとfile2.txtの2つのファイルを削除するには

rm file1.txt file2.txt

mkdir

「mkdir」コマンドは、空のディレクトリーを作成します。

書式とオプション

書式

mkdir [オプション]... ディレクトリ名

主なオプション

オプション 説明
-m  アクセス権を指定して、ディレクトリを作成します。
-p  親ディレクトリも同時に作成します。

使用例

アクセス権が755のディレクトリ「mydirectory」を作成するには

mkdir -m 755 mydirectory

ディレクトリ「third」を、親ディレクトリ「top/second/」も含めて作成するには

mkdir -p top/second/third

まとめ

コマンドよるファイル操作方法をマスターしておけば、作業効率は格段にアップすると思います。これはWindows環境でも同じですね。

スポンサーリンク