Linuxでマシンにログインしている他のユーザーを確認する方法

Linuxでマシンにログインしている他のユーザーを確認する方法

ここでは、Linuxマシン(特にサーバー)を再起動するときなどに、自分以外に接続しているユーザーがいないかを確認する方法を紹介します。

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他のディストリビューションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
CentOS Linux7.4.1708

ログイン中のユーザー確認する

Linuxで自分以外に接続しているユーザーがいるか確認したいときはwコマンドを利用します。

# w

 01:04:18 up 3 days, 19:00, 3 users, load average: 0.44, 0.14, 0.08
USER TTY FROM LOGIN@ IDLE JCPU PCPU WHAT
root tty1 01:04 18.00s 0.05s 0.05s -bash
user1pts/0 192.168.10.101 15:23 2.00s 0.00s 0.00s w
user2 pts/1 192.168.10.102 00:55 8:43 0.00s 0.00s -bash

wコマンド実行結果では、1行目にシステムステータが表示され、左から「現在の時刻」「システムの稼働時間」「現在のログインユーザー数」「システム負荷」が表示されています。

2行目以降に表示されているのが、マシンにログインしているユーザーの情報です。左から以下の項目が表示されています。

項目名 説明
USERログインユーザー名
TTY端末名
FROM接続元IPアドレス
LOGIN@ログイン時刻
IDLEユーザーが操作を行っていないアイドル時間
JCPUユーザーが使用しているttyから実行されているプロセスが使用したCPU時間
PCPU下の「WHAT」項目に表示されているカレントプロセスが使用したCPU時間
WHATユーザーが現在実行しているプロセス

あとがき

wコマンドを使えば、マシンにログインしているユーザーだけでなく、ユーザーが何か処理を行っているのかを確認でき、マシンメンテナンス時などの事前確認で役立ちそうです。