Windows10で一時的にFTPサーバーを立てたいなら「Serva」

Windows10で一時的にFTPサーバーを立てたいなら「Serva」

Windows10などで一時的にFTPサーバーを立てたいとき、Windowsの機能でFTPサービスを追加する方法があり、本格的にサーバーを稼働させるなら、このようなサーバーツールを利用して、しっかりと設定する必要があるでしょう。

ですが、一時的にサーバーを立てたいときには、本格的なサーバーツールの設定作業はとても面倒です。

そんなときにおススメしたいのが、手っ取り早くFTPサーバーを立てることができるサーバーツール「Serva」です。

そこで、ここではWindows10で「Serva」を使ってFTPサーバーを立てる方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 2004

「Serva」とは

Windows10で一時的にFTPサーバーを立てたいなら「Serva」

PXE Server for Windows (UEFI & BIOS) - Serva

「Serva」は、FTPを含むいくつかのサーバー機能(Web、TFTP、DHCP、DNS、SNTP、SYSLOG)を利用できる個人利用が無料のソフトです。

インターフェースはすべて英語ですが、設定項目はそれほど多くないので、利用に際して英語表示が支障となることはないでしょう。

また、インストーラーやレジストリを使用しないソフトなので、一時的にサーバーをサクッと立てたい時に重宝します。

なお、Servaには、個人用途に限って無償利用できるCommunity版(稼働時間などの機能制限あり)と、商用利用が可能な有償のProfessional版があります。

「Serva」でFTPサーバーを立てる

ここでは、Community版を利用してServaでFTPサーバーを立てる手順を紹介します。

まずは、以下の公式サイトのリンクから、Serva(Serva_Community_32_64_v3.2.0.zip)をダウンロードします。

http://www.vercot.com/~serva/download.html

Windows10で一時的にFTPサーバーを立てたいなら「Serva」

ダウンロードしたファイルを解凍すると、32bit版と64bit版の実行ファイルがあるので、ご自分の環境に合ったファイルを実行します。(ここでは64bit版を実行します。)

Windows10で一時的にFTPサーバーを立てたいなら「Serva」

Servaを起動すると、個人利用かどうかを確認する画面が表示されるので、5秒ほど待ってから「I'm a "Community" user」をクリックします。

Windows10で一時的にFTPサーバーを立てたいなら「Serva」

Memo

Windows10に標準搭載されている「Windows Defenderファイアウォール」を利用している場合は、アクセスを許可するかの確認画面が表示されるので「アクセスを許可する」をクリックします。

ライセンス画面が表示されるので「OK」をクリックします。

Windows10で一時的にFTPサーバーを立てたいなら「Serva」

アプリの画面が開いたら、左上のアイコンをダブルクリックして設定画面を開きます。

Windows10で一時的にFTPサーバーを立てたいなら「Serva」

「Serva Settings」画面が表示されたら、上部から「FTP」タブをクリックして、FTPサーバーの設定を行います。

  • Service Up/Down - 「FTP Server」にチェックを入れます。
  • FTP Server IP address - 「Bind FTP to this address」にチェックを入れて、FTPサーバーとして待ち受けるIPアドレスを選択します。
  • FTP Server user accounts - 匿名接続を許可するなら「Anonymous」にチェックを入れ、ユーザーアカウントを指定するときは「User」「Password」それぞれにアカウント情報を入力します。
  • FTP Server Anonymous user root directory - 匿名接続した場合のルートディレクトリを指定します。
  • FTP Server Registered user root directory - 登録したユーザーアカウントでアクセスした場合のルートディレクトリを指定します。

設定が完了したら「OK」をクリックした後、Servaを終了して再度起動すれば、FTPサーバーが起動します。

Windows10で一時的にFTPサーバーを立てたいなら「Serva」

Serva起動後、他のマシンからFTPサーバーにアクセスしてみると、Servaには通信ログが表示されます。

Windows10で一時的にFTPサーバーを立てたいなら「Serva」

なお、FTPサーバーを停止するときは、Servaを終了すればサーバー機能も停止できます。

あとがき

検証用途などで一時的にサーバーを立てたい時に、必要最低限の設定でサクッと起動できて、とても便利ですよ。

お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る