複数台のWindows 10を同じ個人設定で利用する方法(設定の同期)

複数台のWindows 10を同じ個人設定で利用する方法(設定の同期)

複数台のWindows 10パソコンを利用していると、個人設定などをすべてのパソコンで同じ設定にしたいときがあります。

そのようなときには「設定の同期」機能を利用することで、同じMicrosoftアカウントでサインインする別のWindows 10と設定を同期することができます。

そこでここでは、Windows 10で設定の同期を利用する方法と同期を停止する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows 10 Pro 64bit2004

設定の同期とは

「設定の同期」とは、以下に挙げるWindows 10の設定を同じMicrosoftアカウントでサインインする別のWindows 10と同期する機能です。

  • 個人用設定
  • 言語設定
  • アクセシビリティ設定
  • Wi-Fiネットワークとパスワード
  • プリンターやマウスのオプション設定
  • エクスプローラーの設定
  • 通知設定

Windows のバックアップと同期の設定について - Microsoft サポート

設定の同期を開始する

Windows 10で設定の同期を開始する手順は、次のとおりです。

MicrosoftアカウントでWindows 10にサインインして、Windowsの「設定」アプリから「アカウント」をクリックします。

複数台のWindows 10を同じ個人設定で利用する方法(設定の同期)

「アカウント」画面が表示されたら、左側のメニューから「設定の同期」を選択して、画面右側で「同期の設定」のスライダーをオンに設定します。

複数台のWindows 10を同じ個人設定で利用する方法(設定の同期)

以上で、設定がクラウドにバックアップされ、同じMicrosoftアカウントで別のWindows 10にサインインすると、個人設定などが同期されてほぼ同一の設定でWindows 10を利用できるようになります。

また「個別の同期設定」で、同期させる項目を個別にオン/オフすることもできます。

複数台のWindows 10を同じ個人設定で利用する方法(設定の同期)

設定の同期を停止する

設定の同期を停止するときは「設定の同期」画面で「同期の設定」をオフに設定します。

複数台のWindows 10を同じ個人設定で利用する方法(設定の同期)

つぎに、クラウドにバックアップされている設定データを削除します。

Memo

クラウドにバックアップされている設定データを削除しておかないと、同じMicrosoftアカウントを使って新たなWindows 10マシンにサインインしたときに、以前使用していた設定が同期されてしまうことがあります。

クラウドに保存されている設定データを削除する手順は、次のとおりです。

まず、対象のMicrosoftアカウントに関連付けられているすべてのWindows 10で「設定の同期」をオフにしておきます。

次に、MicrosoftアカウントのWebページを開き、上部メニューから「デバイス」をクリックします。

複数台のWindows 10を同じ個人設定で利用する方法(設定の同期)

「デバイス」ページが開いたら、ページ下方にスクロールして「クラウドに同期された設定」にある「同期された設定の消去」をクリックします。

複数台のWindows 10を同じ個人設定で利用する方法(設定の同期)

「すべてのデバイス間で同期した設定を消去しますか?」画面が表示されるので「クリア」をクリックします。

複数台のWindows 10を同じ個人設定で利用する方法(設定の同期)

「個人設定をクラウドから削除します」ページが表示されるので、ページ下部にある「削除」をクリックし、確認画面が表示されたら「はい」をクリックします。

複数台のWindows 10を同じ個人設定で利用する方法(設定の同期)

以上で、個人設定がクラウドから削除されます。

複数台のWindows 10を同じ個人設定で利用する方法(設定の同期)

あとがき

設定の同期を停止するときは、過去にクラウドにバックアップされた個人設定データの削除も忘れずに行わないと、意図しない設定が同期されることがあるのでご注意ください。