Windows10PCを売却・譲渡するなら、標準機能で初期化&個人データの削除ができます。

Windows10PCを他の人に譲りたい、売りたいといった時、まずやらなければならないのが、Windowsの初期化と保存している個人データの削除です。

幸いなことにWindows10には初期化機能「このPCを初期状態に戻す」が標準搭載されており、この機能を利用することでWindows10を初期化し、個人データも削除することができます。

ただ、個人データを完全に削除するには、初期化の手順に若干のコツが必要です。

そこで、ここではWindows10の初期化機能「このPCを初期状態に戻す」で、個人データをほぼ復元できないように完全に消去する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

初期化手順

Memo

ここでは、Windows10の機能で初期化する手順を紹介していますが、メーカー製PCの場合は、メーカー推奨の手順が用意されている場合があるので、事前に確認しておきましょう。

まず、Windows10の初期化機能「このPCを初期状態に戻す」の基本的な利用方法は、次の記事をご覧ください。

Windows10を「このPCを初期状態に戻す」で初期化する
Windows10には、PCが不調になったときに正常な状態に戻す方法がいくつか用意されています。 その中でも最後の手段として挙げられる...

この中で、次の設定項目を選択することで、個人データを完全に削除することができます。

まず、個人データを保持するかを選択する画面では「すべて削除する」を選択します。

次に、PCに複数のドライブが搭載されている場合、初期化するドライブを選択する画面が表示されるので「すべてのドライブ」を選択します。

次に、ドライブのクリーニングを実行するかを選択する画面では「ファイルを削除してドライブのクリーニングを実行する」を選択します。

以上の3点をしっかりと設定してから初期化を行うことで、削除したデータの復元を試みられても、復元される可能性はほとんどなくなるでしょう。

あとがき

PCを他の人に譲渡・売却するとき、一昔前だとデータの消去に専用のツールを利用する必要がありましたが、Windows10では標準機能で対応でき便利になりましたね。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る