Gmailの記事一覧

このタグでは、GoogleのWebメールサービスとして利用者が多い「Gmail」を使いこなすためのテクニックなどについて紹介しています。

Gmailで不要なメールを自動的にブロック/削除する方法

ここでは、Gmailで特定の送信者や特定の条件に一致するメールを、自動的にブロックしたり削除する方法を紹介します。

Gmailで送信メールの安全性を高めたいときは「情報保護モード」

Gmailの「情報保護モード」を使ってメールを送信すれば、メールに有効期限や閲覧のためのパスコードを設定して安全性を高めることができます。

Gmailで特定のメールだけ通知させる方法

ここでは、Gmailで重要なメールや特定のメールだけ通知するよう設定する方法を紹介します。

Web版Gmailでメールの送受信日時や曜日を表示する方法

ここでは、ブラウザ拡張機能「Gmail Show Time」を利用して、Web版のGmailページにメールの送受信日時や曜日を表示する方法を紹介します。

Gmailでのメール検索で検索演算子を活用する方法

ここでは、Gmailでメールを検索するときに検索演算子を使って、より詳細な条件でメールを絞り込む方法を紹介します。

Gmailで複数の決まった宛先にメールを送ることが多いなら、送信先(連絡先)をグループ化しておこう

ここでは、送信先(連絡先)をグループ化して、Gmailで複数の宛先へのメール送信を効率化する方法を紹介します。

Gmailで受信メールを効率よく整理するには「ラベル」「アーカイブ」「フィルター」を使いこなそう

ここでは、Web版のGmailを利用して、受信したメールにラベルを付ける、受信したメールをアーカイブする、ラベル付けとアーカイブを自動処理する(フィルタを作成する)方法を紹介します。

Gmailで誤送信を減らしたいときは「ファイルの添付忘れ防止」「送信取り消し」を使いこなそう

ここでは、Gmailの誤送信防止機能「ファイルの添付忘れ防止」「送信取り消し」機能の使い方を紹介します。

Web版Gmailで定型文をテンプレート登録して、メール作成を効率化する方法

Gmailでのメール作成で、お決まりの文言を入力することが多いなら「テンプレート」機能を使って、よく使う文章をテンプレート化しておくことで、メール作成にかかる時間を効率化できます。

Web版Gmailをショートカットキーで操作する方法

GmailをWebブラウザ上で操作する場合、ほとんどの方はマウスとキーボードを使って操作しているかと思いますが、じつはGmailのほとんどの操作はキーボードだけで行えます。

Web版Gmailで宛先・件名・本文を設定したテンプレートを作成する方法

ここでは、WebブラウザにカスタマイズしたURLを入力することで、宛先・件名・本文が入力済みのGmailの新規メッセージ作成画面を開く方法を紹介します。

Gmailで指定した日時に電子メールを自動送信する方法

ここでは、Gmailで作成した電子メールを指定した日時に送信する(送信予約する)方法を紹介します。

Windows10でGmail専用メールアプリなら「WunderMail for Gmail」がおススメ

メインの電子メールとしてGmailを利用している方も結構いらっしゃると思いますが、用途ごとに複数のGmailアドレスを利用している場合、...