Gmailで複数の決まった宛先にメールを送ることが多いなら、送信先(連絡先)をグループ化しておこう

Gmailで複数の決まった宛先にメールを送ることが多いなら、送信先(連絡先)をグループ化しておこう

Gmailで同じ内容のメールを複数の宛先に送りたいとき、通常は一つずつ送信先を入力しますが、決まったメンバーによくメールを送る場合、毎回一つずつ送信先を入力するのは手間ですよね。

そのようなときに活用したいのが、送信先(連絡先)のグループ化です。

送信先をグループ化しておけば、Gmailでメール作成するときに、宛先などにグループ名を指定するだけで決まったメンバーへのメール送信が簡単にできます。

そこで、ここでは送信先(連絡先)をグループ化してGmailで利用する方法を紹介します。

Web版Gmailで定型文をテンプレート登録して、メール作成を効率化する方法
仕事やプライベートでの電子メールとしてGmailを利用している方も多いと思いますが、Gmailで作成したメールの内容を思い返してみると、...

送信先(連絡先)をグループ化する

ここでは、Webブラウザを使った手順を紹介します。

まず、Webブラウザで「Googleコンタクト」ページを開き、左上の「連絡先を作成」をクリックして、グループ化したい送信先をすべて連絡先として登録します。

Googleアカウントにログインしていない場合は、ログインします。

Gmailで複数の決まった宛先にメールを送ることが多いなら、送信先(連絡先)をグループ化しておこう

Memo

連絡先は、1件ずつ氏名やメールアドレスの情報を入力して登録する方法のほかに「複数の連絡先を作成」から、複数のメールアドレスをカンマ区切りで入力して一括登録することもできます。

Gmailで複数の決まった宛先にメールを送ることが多いなら、送信先(連絡先)をグループ化しておこう

送信先をすべて連絡先に登録したら、Googleコンタクトのページで、グループ化したい宛先をすべて選択した状態で、上部にある「ラベルの管理」をクリックして「+ラベルを作成」を選択します。

Googleコンタクトでは、連絡先にラベルを付けることでグループ化します。

Gmailで複数の決まった宛先にメールを送ることが多いなら、送信先(連絡先)をグループ化しておこう

すると、ラベルの作成画面が表示されるので、ラベルの名前を付けて「保存」をクリックします。

Gmailで複数の決まった宛先にメールを送ることが多いなら、送信先(連絡先)をグループ化しておこう

以上で、選択した連絡先にラベルが付けられ、グループ化できました。

作成したラベルは、Googleコンタクトのページで、左メニューの「ラベル」欄に表示されており、クリックすると該当のラベルが付けられた連絡先を確認できます。

Gmailで複数の決まった宛先にメールを送ることが多いなら、送信先(連絡先)をグループ化しておこう

WebブラウザでGmailを効率よく操作するならショートカットキーが便利です。
プライベートや仕事を問わず、電子メールに「Gmail」を利用している方は多いのではないでしょうか。 GmailをWebブラウザ上で操作...

Gmailでラベル名を使ってメール送信する

ラベルを作成しておくと、Gmailでメールを作成するときに「To」欄に先ほど作成したラベル名の一部を入力すると、候補として表示されるようになります。

Gmailで複数の決まった宛先にメールを送ることが多いなら、送信先(連絡先)をグループ化しておこう

ラベルを選択すると、「To」欄には、該当のラベルが付いている連絡先のメールアドレスが自動的に入力された状態になります。

Gmailで複数の決まった宛先にメールを送ることが多いなら、送信先(連絡先)をグループ化しておこう

これで宛先入力が格段に楽になります。

なお、作成したラベルは「To」だけでなく、「Cc」や「Bcc」でも利用できます。

ChromeブラウザならGmailをオフラインでも利用できるよ
最近では、PCをインターネットにつながっていない環境で利用することのほうがめずらしく、メールもオンラインを前提としたWebメールサービス...

あとがき

ちなみに、連絡先で作成したラベルは、Gmail以外にもカレンダーのスケジュール共有など、Googleの他のサービスでも利用できますよ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る