Windows10:Homeエディションで「ローカルグループポリシーエディター」を使うには

Windows10の設定の中にはレジストリを編集したり、ローカルグループポリシーでしか設定できない項目があります。

これらの設定をする場合、ローカルグループポリシーエディターならGUIツールで操作もしやすいですが、ローカルグループポリシーエディタは、Homeエディションには搭載されていません。

そのため、Windows10Homeエディションで設定するときは、レジストリによる操作方法がよく紹介されていますが、Homeエディションでもローカルグループポリシーエディターをインストールして利用することができます。

ここでは、Windows10Homeエディションで「ローカルグループポリシーエディター」をインストールする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Professional 64bit 1903

インストール

「ローカルグループポリシーエディター」をインストールする方法は、次のとおりです。

メモ帳などのテキストエディターで下記の内容を入力し、デスクトップなどの任意の場所にバッチファイル(拡張子bat)として保存します。

@echo off
pushd "%~dp0"

dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientExtensions-Package~3*.mum >List.txt
dir /b %SystemRoot%\servicing\Packages\Microsoft-Windows-GroupPolicy-ClientTools-Package~3*.mum >>List.txt

for /f %%i in ('findstr /i . List.txt 2>nul') do dism /online /norestart /add-package:"%SystemRoot%\servicing\Packages\%%i"
pause

作成したバッチファイルを右クリックして、管理者権限で実行することで「ローカルグループポリシーエディター」をインストールできます。

インストール中の画面

動作確認

インストールが完了したら、「ローカルグループポリシーエディター」を起動してみてください。

起動方法は、スタートメニュー右の検索ボックスに「gpedit.msc」と入力し、エンターキーを押します。

以下のように「ローカルグループポリシーエディタ-」が起動すればOKです。

あとがき

レジストリエディターによる操作では、誤った操作によりシステムが起動できなくなるどの危険性があります。

その点「ローカルグループポリシーエディター」なら、誤った操作をしてしまう可能性はレジストリエディターに比べ低く、安心して利用できると思います。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る