Windows10で前回開いていたアプリを自動的に起動させる方法

Windows10で前回開いていたアプリを自動的に起動させる方法

Windows10では、アプリを起動した状態でWindows10をスリープ、休止、シャットダウン、再起動したときに、アプリの状態を保存しておき、次にWindows10を起動(復帰)したときに、開いていたアプリを自動的に起動させることができます。

ですが、適切に設定しておかないと開いていたアプリが勝手に閉じられてしまうなど、想定通りに動作してくれないことがあります。

そこでここでは、Windows10をスリープ、休止、シャットダウン、再起動したときに、前回開いていたアプリを自動的に起動させるための設定方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

スリープ・休止状態から復帰する場合

スリープや休止状態にすると、その時の状態が保存されるため、通常はスリープや休止状態から復帰すると、終了時の状態そのままで復帰させることができます。

ですが、Windows10の設定によっては、復帰したときに開いていたアプリが勝手に閉じられてしまうことがあり、それを回避するには以下のいずれかの対処法を実施します。

対処法1

スリープや休止状態から復帰するときにサインインを不要に設定することで、復帰時にアプリが閉じられることはなくなります。

スリープや休止状態から復帰するときにサインインを不要に設定する方法は、以下の記事をご参照ください。

Windows10でスリープや休止状態から復帰するときにサインインを不要にする方法
Windows10で、作業を一時中断したい時などでスリープや休止状態を利用している方も多いと思いますが、スリープや休止状態から復帰すると...

対処法2

外へ持ち出すことがあるノートパソコンなどでは、復帰するときのサインインを不要にすると、第三者に勝手に操作されてしまう危険性があるため、できれば設定を変更したくない場合があります。

そのようなときは、もう一つの方法として、Windowsの「設定」から「アカウント」>「サインインオプション」を開き「更新または再起動の後にサインイン情報を使ってデバイスのセットアップを自動的に完了します」設定をオフにすることでも、復帰時にアプリが閉じられるのを回避できます。

Windows10で前回開いていたアプリを自動的に起動させる方法

シャットダウン・再起動する場合

シャットダウン・再起動後に前回起動していたアプリを自動的に起動させるには、Windowsの「設定」アプリから「アカウント」>「サインインオプション」を開き「再起動可能なアプリをサインアウト時に自動保存し、サインイン後に再起動する」をオンに設定します。

Windows10で前回開いていたアプリを自動的に起動させる方法

ただし、この機能はアプリケーション側も対応している必要があり、自分が利用するアプリが対応しているかは、実際に試して確認する必要があるでしょう。

ちなみに「Google Chrome」や「Mozilla Firefox」は、本機能に対応しています。

なお、Windowsの起動時に毎回決まったアプリを自動的に起動させたいときは「スタートアップ」機能の利用をおススメします。

Windows10のスタートアップ機能でアプリを自動起動させる方法
仕事やプライベートでWindowsPCを利用していると、朝PCを起動してログオン(サインイン)したら、Webブラウザーやメーラーといった...

エクスプローラーは独自設定がある

Windows10の「エクスプローラー」は、独自の設定を搭載しており「フォルダーオプション」の「表示」タブで「ログオン時に以前のフォルダー ウィンドウを表示する」をオンに設定しておくことで、上記の設定にかかわらず、終了時に開いていたエクスプローラーが次回サインイン後に自動的に開きます。

Windows10で前回開いていたアプリを自動的に起動させる方法

あとがき

作業を中断して、スリープ、休止、シャットダウン、再起動するときに、開いているアプリをそのままの状態にしておきたいときにお役立てください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ