日本語入力を便利に(Windows版Google日本語入力)

日々の仕事でパソコンを使⽤するのはもはや当たり前の時代になりました。ここでは、パソコンでの作業をより効率よく行うための一つの方法として、日本語を効率よく入力できるソフト「Google日本語入力」を紹介します。

「Google日本語入力」とは

「Google⽇本語⼊⼒」は、言わずと知れたGoogleが提供している⽇本語変換ソフトです。

特長としては、Web上で使われている膨大な用語から辞書が作成されており、珍しい人名や地名、難しい専門用語から、流行の顔文字やお店の名前といったような、従来の日本語入力システムが苦手としていた分野の変換に強い点があげられます。また、辞書が定期的に自動更新され、常に最新の語彙を利用できる点も見逃せません。

もちろん、予測変換、郵便番号から住所への変換、スペルチェック機能、数式を入力・変換して計算を行う機能といった昨今の日本語変換ソフトが搭載している機能も装備しています。

便利機能

インストール方法は省略させていただき、ここでは「Google日本語入力」を使った便利機能をご紹介します。

計算

計算式を⼊⼒すると、計算結果が予測変換で表⽰されます。
特に桁数の多い計算を⾏うときに、わざわざ電卓などを取り出す必要がないため、非常に便利な機能です。

計算式は、以下の例を参考に⼊⼒してください。
足し算:3+3=
引き算:10-3=
掛け算:3*3=
割り算:12/3=

※計算式の最後に「=」をつけて変換するのがコツです。

英単語への変換

英単語を⼊⼒する際は、その単語の発⾳をそのまま⽇本語で⼊⼒してください。
すると、⼊⼒モードがひらがなのままでも該当すると考えられる英単語が変換候補に表⽰されます。

たとえば「てぃーちゃー」と入力し変換すると、以下のように変換候補に英単語が表示されます。これでスペルミスも減りそうですね。

日時の入力

日時の⼊⼒を簡単に⾏うことができます。たとえば「ことし」と⼊⼒し変換するとすると、以下のように変換候補に西暦・和暦が表示されます。これで「今年って平成何年だっけ?」とカレンダーを見なくても大丈夫!

また、「きょう」と⼊⼒し変換すると本⽇の⽇付が表⽰され、「いま」と⼊⼒し変換すると現在の時刻が表⽰されます。

  

絵文字・顔文字

記号一覧から探さなくても、かんたんにぴったりの絵文字を探すことができます。
たとえば、「はーと」と入力し変換すると変換候補に絵文字が表示されます。 

「うれしい」「かなしい」などの伝えたい気持ちを変換してみてください。ぴったりの顔文字が見つかりますよ。

間違いやすい言葉の訂正

間違いやすいことばも、「もしかして(サジェスト)」機能が正しい変換候補を提案してくれます。たとえば「ふいんき」と入力し変換すると、変換候補に正しい変換候補が表示されています。

まとめ

日本語入力ソフトを変えることでの効率アップは微々たるものかもしれませんが、試してみる価値はありそうではないでしょうか。

きっと、日々の入力が楽になりますよ。

スポンサーリンク