Chromeブラウザのメモリ使用量を抑えるなら拡張機能「OneTab」がおすすめ

Chromeブラウザのメモリ使用量を抑えるなら拡張機能「OneTab」がおすすめ

Webブラウザで圧倒的なシェアを誇る「Google Chrome」ですが、メモリ使用量が大きいのが一つのネックです。

特に、スペックに余裕がないパソコンでたくさんのタブを開くと、あっという間にメモリが足りなくなってしまいます。

そんなときに活用したいのが、タブをリスト化してメモリ使用量を削減できる拡張機能「OneTab」です。

そこでここでは、Chromeブラウザの拡張機能「OneTab」の使い方を紹介します。

なお、OneTabはFirefox向けにも提供されています。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1
Google Chrome91.0.4472.77

OneTabとは

Chromeブラウザのメモリ使用量を抑えるなら拡張機能「OneTab」がおすすめ

OneTab - Chrome ウェブストア

「OneTab」は、開いているタブをリスト形式にまとめることで、Chromeブラウザのメモリ使用量を削減することができる「Google Chrome」向けの拡張機能です。

OneTabを利用することで、タブをグループごとにまとめるといった整理ができ、タブをまとめることで、メモリの使用量も削減することができます。

OneTabの基本的な使い方

拡張機能は、Chromeウェブストアから簡単にインストールできるので、インストール方法は、ここでは割愛させていただきます。

開いているタブをまとめる

OneTabをインストールすると、オムニバー横にOneTabのアイコンが表示されているので、タブを開いている状態でOneTabのアイコンをクリックします。

Chromeブラウザのメモリ使用量を抑えるなら拡張機能「OneTab」がおすすめ

すると、開いているタブが一つのタブグループとして、OneTab用の画面にまとめられます。

Chromeブラウザのメモリ使用量を抑えるなら拡張機能「OneTab」がおすすめ

なお、Webページ上で右クリックすると表示されるメニューからは、特定のタブだけOneTabにまとめたり、開いているタブの右側(または左側)のタブだけまとめたりといったこともできます。

Chromeブラウザのメモリ使用量を抑えるなら拡張機能「OneTab」がおすすめ

まとめられたタブを開くときは、OneTab画面で開きたい項目をクリックすることで、タブとして復元されます。

(タブを復元すると、そのタブはグループから消えてしまいますが、Ctrlキーを押しながらクリックすれば、グループに残しながら復元することもできます。)

Chromeブラウザのメモリ使用量を抑えるなら拡張機能「OneTab」がおすすめ

Chromeブラウザのメモリ使用量を抑えるなら拡張機能「OneTab」がおすすめ

特定のタブをリストから削除したいときは、そのタブにマウスポインターを合わせると表示される「×」をクリックすることで削除できます。

Chromeブラウザのメモリ使用量を抑えるなら拡張機能「OneTab」がおすすめ

タブごとにグループを分ける

OneTabでは、開いているタブをまとめるたびに新たなタブグループが作成されるので、タブの種類ごとにグループを分けるといったことができます。

Chromeブラウザのメモリ使用量を抑えるなら拡張機能「OneTab」がおすすめ

作成されたグループは、メニューから「このタブグループに名前を付ける」をクリックすることで、名前をつけることができます。

Chromeブラウザのメモリ使用量を抑えるなら拡張機能「OneTab」がおすすめ

また、グループにまとめられたタブは、ドラッグ&ドロップでグループ間を移動させることもできます。

グループをロックする

OneTabにまとめたタブグループは、その他メニューから「このタブグループをロックする」をクリックすることで、削除できないようロックすることができます。

Chromeブラウザのメモリ使用量を抑えるなら拡張機能「OneTab」がおすすめ

ロックされたタブグループには、左側に鍵マーク表示されます。

Chromeブラウザのメモリ使用量を抑えるなら拡張機能「OneTab」がおすすめ

よく利用するWebページをグループ化してロックしておけば、ブックマークの代わりとしても利用できます。

メモリ使用量の削減効果は

下の画像は、OneTabを使っていないときにタブを10個開いたときのChromeブラウザのメモリ使用量と、10個のタブをOneTabでまとめた時のメモリ使用量です。

環境にもよりますが、私の環境ではChromeブラウザのメモリ使用量が、1.2GBほどから700MBほどと、約40%削減できました。

Chromeブラウザのメモリ使用量を抑えるなら拡張機能「OneTab」がおすすめ

Chromeブラウザのメモリ使用量を抑えるなら拡張機能「OneTab」がおすすめ 

あとがき

たくさんのタブを開いていて、パソコンの動作が遅くなるなど動作が不安定になることがあるなら、OneTabを利用することで、メモリ使用量を減らして快適な動作を維持することができますよ。

お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ