PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

PDFファイルの標準的ビューアー「Adobe Acrobat Reader DC」では、署名ツールやスタンプツールを使って、PDFファイルに電子印鑑を押印することができますが、それだけでは紙の書類に印鑑を押印するような効果(本人承認、原本性)は期待できません。

PDFファイルに押印する電子印鑑に、より本物の印鑑に近い効果を求める場合は、押印する電子印鑑に電子署名を付けます。

電子署名を付けることで、PDF文書が署名者によって承認されたものであることや、PDF文書が改ざんされていないことを証明でき、文書の信頼性やセキュリティを強化することができます。

そこで、ここでは「Adobe Acrobat Reader DC」を使って、PDFファイルに電子署名付きの電子印鑑を押印する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2
Adobe Acrobat Reader DC2021.001.20145

電子署名(デジタルID)を作成する

「Adobe Acrobat Reader DC」では、作成する電子署名に電子印鑑の画像を設定することで、電子署名付きの電子印鑑を押印できるようになります。

電子署名(デジタルID)を作成する手順は、次のとおりです。

まず、電子印鑑を押印するPDFファイルを開き「ツール」から「証明書」を選択します。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

「証明書」ツールバーが表示されるので「電子署名」をクリックします。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

以下のような署名フィールドの作成方法が記載された画面が表示されるので「OK」をクリックしてから、文書内で電子印鑑を押印したい場所をドラッグします。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

「デジタルIDで署名」画面が開くので「新しいデジタルIDを設定」をクリックします。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

「署名に使用するデジタルIDの設定」で「新しいデジタルIDの作成」を選択して「続行」をクリックします。

Memo

個人や社内での利用であれば「Self-Sign デジタルID」でも十分な信頼性がありますが、企業間でやり取りされるような重要なPDF文書への署名では、信頼された認証機関が発行するデジタルIDを準備する必要があるでしょう。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

「新しいデジタルIDの保存先を選択」で「ファイルに保存」を選択して「続行」をクリックします。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

「Self-SignデジタルIDの作成」で、自分の情報を入力し「続行」をクリックします。

「名前」と「メールアドレス」は必須項目で「デジタルIDの使用対象」では「電子署名とデータの暗号化」を選択し、その他の項目はデフォルト設定のままで問題ありません。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

「Self-SignデジタルIDをファイルに保存」で、デジタルIDを使って署名する際に必要となるパスワードを入力し「保存」をクリックします。

なお、パスワード入力欄の右に表示される色は、入力したパスワードの強度を表しており(赤>緑>黄緑の順で強度が高いことを表しています)、安全性を高めるならアルファベット・数字・記号を含む複雑なパスワードを設定します。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

以上でデジタルIDが作成されました。

電子署名付き電子印鑑を押印する

「デジタルIDで署名」画面に戻るので、作成したデジタルIDを選択して「続行」をクリックします。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

署名の表示方法を設定する画面が開くので、右上の「作成」をクリックします。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

「署名の表示方法をカスタマイズ」で「画像」を選択してから「参照」をクリックし、印影画像のファイルを選択します。

なお、選択できるのはPDF形式のみなので、印影画像がJPGやPNGといった画像形式の場合は、あらかじめPDF形式に変換しておきましょう。

Memo

画像ファイル形式の電子印鑑をPDF形式に変換するには、オンラインサービスを利用したり、ワードやエクセルで電子印鑑の画像ファイルを挿入した文書やワークシートをPDF形式で保存することで用意できます。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

選択したファイルの印影が表示されていることを確認したら、左下の「含めるテキスト」のチェックをすべて外し「保存」をクリックします。

これで、余計なテキストがない印影画像だけが表示される電子署名を挿入できるようになります。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

さきほどの署名の表示方法を設定する画面に戻るので「署名後に文書をロックする」にチェックを入れ、デジタルIDのパスワードを入力し「署名」をクリックします。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

「名前を付けて保存」画面が表示されるので、PDFファイルを上書き保存するか、別の名前でファイルを保存します。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

以上で、PDFファイルの指定した場所に電子署名付きの電子印鑑が押印されました。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

押印された印影をクリックすると、電子署名の情報が表示され、署名者の情報や文書が改ざんされていないかを確認することができます。

PDFファイルに押印する電子印鑑の効果を高めるには電子署名を付けよう。

あとがき

電子署名付きの電子印鑑を押印することで、PDF文書に対して署名者によって承認された文書であることや、文書が改ざんされていないことを証明でき、紙の書類に印鑑を押印するのと似たような効果を期待できます。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ