Windows10でコマンド操作やフォルダー移動を効率化するなら環境変数を使いこなそう

Windows10でコマンド操作やフォルダー移動を効率化するなら環境変数を使いこなそう

Windowsなどのオペレーティングシステムの多くには、環境変数が用意されており、プログラムなどから参照したり、コマンド操作やフォルダー移動などで利用でき、うまく活用すれば、さまざまな操作を効率化できます。

たとえばこんなとき

プログラムやコマンドなどでユーザープロファイルフォルダーのパスを参照する場合、実際のパスは「C:\Users\<ユーザー名>」となり、ユーザー名の部分は環境により異なるため、静的に指定することができません。

そのようなときは環境変数「%USERPROFILE%」を利用することで、環境に応じたパス名を取得できるようになります。

たとえばこんなとき

エクスプローラーで深い階層にあるシステムフォルダーを開きたいとき、順に階層をたどって開いたり、アドレスバーにパスを入力して開くのは面倒ですし、長いパスだと入力を誤ることもよくあります。

そのようなとき、システムフォルダーのパスの一部を環境変数で入力することで、深い階層にあるシステムフォルダーも素早く開けます。

そこで、ここではWindows10にどのような環境変数が用意されていて、どのような値が設定されているかを紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 2004

Windows10の環境変数一覧

おもな環境変数と値は、次のとおりです。(なお、長い値は省略して記載しています。)

変数名
%ALLUSERSPROFILE% C:\ProgramData
%APPDATA% C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming
%CommonProgramFiles% C:\Program Files\Common Files
%CommonProgramFiles(x86)% C:\Program Files (x86)\Common Files
%CommonProgramW6432% C:\Program Files\Common Files
%COMPUTERNAME% コンピューター名
%ComSpec% C:\Windows\System32\cmd.exe
%HOMEDRIVE% C:\
%HOMEPATH% \Users\<ユーザー名>
%LOCALAPPDATA% C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local
%LOGONSERVER% \\ログインサーバー名
%OS% Windows_NT
%Path% C:\WINDOWS\system32;C:\WINDOWS;・・・
%PATHEXT% .COM;.EXE;.BAT;.CMD;.VBS;.VBE;.JS;.JSE;・・
%ProgramData% C:\ProgramData
%ProgramFiles% C:\Program Files
%ProgramFiles(X86)% C:\Program Files (x86)
%ProgramW6432% C:\Program Files
%PSModulePath% C:\Program Files\WindowsPowerShell\Modules;・・・
%PUBLIC% C:\Users\Public
%SystemDrive% C:
%SystemRoot% C:\Windows
%TEMP% C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Temp
%TMP% C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Temp
%USERDOMAIN% ドメイン名
%USERNAME% <ユーザー名>
%USERPROFILE% C:\Users\<ユーザー名>
%windir% C:\WINDOWS

環境変数の確認方法

自分のマシンで環境変数を確認するときは「システムのプロパティ」画面からや、コマンドプロンプト、PowerShellで確認できます。

「システムのプロパティ」画面で確認する

スタートメニュー右にある検索ボックスに「環境変数」と入力し、候補から「システム環境変数の編集」をクリックします。

Windows10でコマンド操作やフォルダー移動を効率化するなら環境変数を使いこなそう

「システムのプロパティ」画面が開くので「詳細設定」タブの右下にある「環境変数」をクリックします。

Windows10でコマンド操作やフォルダー移動を効率化するなら環境変数を使いこなそう

すると「環境変数」画面が開き、ここで環境変数を確認することができます。

Windows10でコマンド操作やフォルダー移動を効率化するなら環境変数を使いこなそう

コマンドプロンプトで確認する

コマンドプロンプトで確認するときは「set」と入力して、エンターキーを押します。

C:\> set

Windows10でコマンド操作やフォルダー移動を効率化するなら環境変数を使いこなそう

PowerShellで確認する

PowerShellで確認するときは「Get-ChildItem env:」と入力して、エンターキーを押します。

PS C:\> Get-ChildItem env:

Windows10でコマンド操作やフォルダー移動を効率化するなら環境変数を使いこなそう

あとがき

環境変数は、プログラムなどから参照する以外にも、コマンド操作や深い階層のシステムフォルダーを開きたいときにも役立ちます。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る