Windows10にサインインするとき2回認証を求められるときがあるのはなぜ?

Windows10にサインインするとき2回認証を求められるときがあるのはなぜ?

Windows10にサインインするとき、サインイン情報(パスワードなど)を入力したのに、ふたたびロック画面が表示されて、結果2回認証を求められることがあります。

どうやら、この動作は仕様のようです。

そこで、ここではなんでそのような動作になるのかや、この動作を回避する方法について紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

2回認証を求められる理由は?

この動作は、以下を満たす環境で発生するようですが、必ず発生するわけではないようです。

  • Windows10のバージョンが1709以降である。
  • 複数のユーザーアカウントを登録している。
  • 「サインイン情報を使用してデバイスのセットアップを自動的に完了し、更新または再起動後にアプリを再び開くことができるようにします。」が「オン」に設定されている。

「サインイン情報を使用してデバイスのセットアップを自動的に完了し、更新または再起動後にアプリを再び開くことができるようにします。」機能とは

更新プログラムのなかには、インストールを完了するために、パソコンを再起動してWindowsにサインインしなければならないものがあります。

従来はそのような更新プログラムがインストールされた際は、個々のユーザーがパソコンにサインインしても、更新が完了するまで待っていなければなりませんでした。

これを回避するために「サインイン情報を使用してデバイスのセットアップを自動的に完了し、更新または再起動後にアプリを再び開くことができるようにします。」機能があり、この機能を「オン」にすることで、更新プログラムをインストール後、自動的にサインインしてデバイスの設定を完了してくれます。

これにより、ユーザーは更新プログラムの適用後でも、サインインしたらすぐにデスクトップを開いて操作できるようになります。

事象を回避する方法

Windows10にサインインするとき2回認証を求められないようにするには、マシンに登録されているすべてのユーザーで、以下の設定を行います。

「設定」アプリの「アカウント」>「サインイン オプション」を開き「サインイン情報を使用してデバイスのセットアップを自動的に完了し、更新または再起動後にアプリを再び開くことができるようにします。」を「オフ」に設定します。

Windows10にサインインするとき2回認証を求められるときがあるのはなぜ?

あとがき

Windowsが自動的にセットアップを完了してくれる便利さよりも、Windows10へのサインイン時に2回認証を求められる動作がイヤなら、上で紹介している回避方法を設定してみてはいかがでしょうか。

ちなみに「サインイン情報を使用してデバイスのセットアップを自動的に完了し、更新または再起動後にアプリを再び開くことができるようにします。」機能がオンの状態では、以下の記事で紹介している事象も起こることがあります。

Windows10をシャットダウンや再起動する時に「他のユーザーがこのPCを使っている・・・」と表示される
Windows10をシャットダウンや再起動する際に、以下の画像のように「他のユーザーがこのPCを使っている…」と表示されることがあります...

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る