Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

パソコンなどで利用するWebブラウザでは、通常、閲覧したページや検索履歴、フォームへの入力内容、ダウンロードしたファイルといった、様々な情報が記録されていますが、複数の人が利用する共用パソコンなどでは、このようなプライバシーに関連する情報を記録したくない場合があります。

このようなときに利用する機能として、主要なWebブラウザ(Google Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edge)には、プライバシーに関連する記録を残さずに閲覧する機能が搭載されています。

そこでここでは、Windows向けのGoogle Chrome、Mozilla Firefox、Microsoft Edgeのそれぞれで、プライバシーに関連する記録を残さずに閲覧する方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H2
Google Chrome103.0.5060.114
Mozilla Firefox102.0.1
Microsoft Edge103.0.1264.49

Google Chromeの場合

Google Chrome(以下、Chromeブラウザ)には、プライバシーに関連する記録を残さずに閲覧する機能として「シックレートモード」が搭載されています。

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

シークレットモードでは、ブックマークや予測候補、保存しているパスワードは、通常モードと同じように利用できます。(設定を変更すれば、拡張機能も利用できます。)

Memo

シークレットモードと同じような機能に「ゲストモード」がりますが、ゲストモードでは、検索履歴や閲覧履歴が保存されないことに加えて、ブックマークや予測候補、保存しているパスワードなども利用できなくなります。

Chromeブラウザをプライバシー重視で利用するなら「ゲストモード」
ここでは、Google Chrome(Chromeブラウザ)のプライバシー重視の動作モード「ゲストモード」の特徴と、その使い方を紹介します。

シークレットモードの使い方

通常モードからシークレットウィンドウを開く

一般的な利用方法は、Chromeブラウザを起動して、メニューから「シークレットウィンドウを開く」をクリックするか、ショートカットキー「Ctrl+Shift+N」を押します。

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

するとシークレットウィンドウが起動します。

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

常にシークレットモードで起動する

Chromeブラウザのショートカットアイコンに起動オプションを追加すれば、常にシークレットモードでChromeブラウザを起動することができます。

手順は、次のとおりです。

Chromeブラウザのショートカットアイコンを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択し、プロパティ画面が開いたら「ショートカット」タブの「リンク先」テキストボックスに表示されている文字列の最後尾に、以下の文字列を追記し「OK」をクリックします。

--incognito

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

これで、ショートカットからChromeブラウザを起動すると、通常モードを経由せずに、シークレットモードでChromeブラウザが起動します。

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

また「--incognito」オプションの後に開きたいWebページのURLを指定することで、特定のWebページをシークレットモードで開くショートカットを作成することもできます。

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

Mozilla Firefoxの場合

Firefoxには、プライバシーに関連する記録を残さずに閲覧する機能として「プライベートブラウジング」が搭載されています。

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

なお、プライベートブラウジング中でも、ブックマークや拡張機能を通常モードと同じように利用できます。(プライベートブラウジング中に拡張機能を利用するには、事前の設定が必要です)

プライベートブラウジングの使い方

通常モードからプライベートウィンドウを開く

一般的な利用方法は、Firefoxを起動して、左上のメニューから「新しいプライベートウィンドウ」をクリックするか、ショートカットキー「Ctrl+Shift+P」を押します。

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

するとプライベートウィンドウが起動します。

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

常にプライベートブラウジングモードで起動する

Firefoxのショートカットアイコンに起動オプションを追加すれば、常にプライベートブラウジングモードでFirefoxを起動することができます。

手順は、次のとおりです。

Firefoxのショートカットアイコンを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択し、プロパティ画面が開いたら「ショートカット」タブの「リンク先」テキストボックスに表示されている文字列の最後尾に、以下の文字列を追記し「OK」をクリックします。

-private-window

これで、ショートカットからFirefoxを起動すると、通常モードを経由せずに、プライベートブラウジングモードでFirefoxが起動します。

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

また「-private-window」オプションの後に開きたいWebページのURLを指定することで、特定のWebページをプライベートブラウジングモードで開くショートカットを作成することもできます。

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

Microsoft Edgeの場合

Microsoft Edge(以下、Edgeブラウザ)には、プライバシーに関連する記録を残さずに閲覧する機能として「In Privateブラウス」が搭載されています。

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

In Privateブラウスでは、コレクションやブックマーク、ダウンロードしたファイル、通常モードと同じように利用できます。(設定を変更すれば、拡張機能も利用できます。)

Memo

In Privateブラウスと同じような機能に「ゲストモード」がりますが、ゲストモードでは、検索履歴や閲覧履歴が保存されないことに加えて、ブックマークやなども利用できなくなります。

In Privateブラウスの使い方

通常モードからIn Privateウィンドウを開く

一般的な利用方法は、Edgeブラウザを起動して、メニューから「In Privateウィンドウを開く」をクリックするか、ショートカットキー「Ctrl+Shift+N」を押します。

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

するとIn Privateウィンドウが起動します。

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

常にIn Privateウィンドウで起動する

Edgeブラウザのショートカットアイコンに起動オプションを追加すれば、常にIn PrivateウィンドウでEdgeブラウザを起動することができます。

手順は、次のとおりです。

Edgeブラウザのショートカットアイコンを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択し、プロパティ画面が開いたら「ショートカット」タブの「リンク先」テキストボックスに表示されている文字列の最後尾に、以下の文字列を追記し「OK」をクリックします。

--inprivate

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

これで、ショートカットからEdgeブラウザを起動すると、通常モードを経由せずに、シークレットモードでEdgeブラウザが起動します。

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

また「--inprivate」オプションの後に開きたいWebページのURLを指定することで、特定のWebページをInPrivateブラウズで開くショートカットを作成することもできます。

Windowsで履歴を残さずにWebページを閲覧する方法

あとがき

共用パソコンなどで、不特定多数の人がWebブラウザを使ってWebを閲覧することがあるなら、利用をおススメします。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。