Windows10:カンタンに再生デバイスを切り替える(EarTrumpet)

複数の再生デバイスが接続されたWindows10のパソコンで、アプリごとに再生デバイスを切り替える場合、通常はWindowsの「設定」画面から切り替える必要があり、頻繁に切り替えたい場合、都度設定画面を開くのは面倒です。

そんなときは、Windows10向けのスタイリシュな音量ミキサーアプリ「EarTrumpet」がおすすめです。

「EarTrumpet」は、Windows10のデザインにフィットした音量ミキサーで、タスクトレイから簡単にアプリケーションごとの音量調整/再生デバイスの切り替えが可能なアプリです。

ここでは「EarTrumpet」の使い方を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Professional 64bit 1809
EarTrumpet 2.0.7.0

インストール

「EarTrumpet」はストアアプリとして提供されているので「Microsoft Store」からインストールします。

使い方

アプリを起動すると、標準の音量アイコンと同じデザインのアイコンがタスクトレイに現れます。(紛らわしいので、標準の音量アイコンは表示をオフにしても良いかと)

標準の音量アイコンも表示しておきたい場合は、EarTrumpetの設定でアイコンのデザインを変更することで区別がつくようになります。

タスクトレイのアイコンをクリックすると、再生デバイスごとにアプリケーションがグルーピングされて表示され、ボリュームスライダーでは音量調整が可能です。

また、ボリュームスライダーには、現在の音量がリアルタイムで表示されます。

ボリュームスライダーが表示されている画面で、対象アプリを右クリックして「スイッチ」ボタンをクリックすれば、プルダウンから再生デバイスをカンタンに切り替えることができます。

なお、アプリごとの再生デバイスの切り替えは、ボリュームミキサーウィンドウからも行うことができます。

ちなみに、Windows10バージョン1809でも、標準機能でアプリごとの再生デバイスの切り替えができますが、設定画面は「設定」から「システム」>「サウンド」>「サウンドの詳細オプション」>「アプリの音量とデバイスの設定」にあり、を開いて設定する必要があり面倒です。

あとがき

標準機能に比べて格段に操作がカンタンで、定番アプリとしてWindows10に導入しておきたいアプリではないでしょうか。オススメです。

スポンサーリンク
おすすめコンテンツ
トップへ戻る