古いアプリやゲームがWinwos10で起動できないときは「互換モード」を試してみよう。

古いアプリやゲームがWinwos10で起動できないときは「互換モード」を試してみよう。

Windows向けのアプリやゲームの中には、特定のバージョンのWindows用に設計されていて、それ以外のバージョンでは正常に起動できない(インストールできない)ものがあります。

たとえば、Windows7などの古いOS向けに設計されたアプリやゲームは、そのままではWindows10で起動できない場合があります。

このようなとき「互換モード」を設定することで、古いアプリやゲームがWindows10で起動できるようになる場合があります。

そこでここでは、Windows10で古いアプリやゲームを「互換モード」で起動させる方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

互換モードを設定する

互換モードを設定するには、トラブルシューティングツールで自動設定する方法と、手動で互換モードを設定する方法があります。

トラブルシューティングツールで自動設定する

トラブルシューティングツールで設定するには、まず古いアプリやゲームのインストールファイルか実行ファイルかショートカットを右クリックして、メニューから「互換性のトラブルシューティング」を選択します。

古いアプリやゲームがWinwos10で起動できないときは「互換モード」を試してみよう。

「プログラム互換性のトラブルシューティングツール」が起動するので「推奨設定を使用する」を選択します。

古いアプリやゲームがWinwos10で起動できないときは「互換モード」を試してみよう。

Windowsが対象のアプリやゲームを起動できる(インストールできる)よう自動的に設定を調整してくれるので、「プログラムのテスト」をクリックして、対象のアプリやゲームが正常に起動できる(インストールできる)か確認します。

古いアプリやゲームがWinwos10で起動できないときは「互換モード」を試してみよう。

確認が済んだら「次へ」をクリックします。

古いアプリやゲームがWinwos10で起動できないときは「互換モード」を試してみよう。

対象のアプリやゲームが正常に起動できる(インストールできる)ようになった場合は「はい、このプログラムのこの設定を保存します」をクリックして設定を保存します。

Memo

正常に起動できない場合は「いいえ、別の設定で、もう一度やり直します」をクリックすることで、再度トラブルシューティングをやり直せます。

古いアプリやゲームがWinwos10で起動できないときは「互換モード」を試してみよう。

最後に「トラブルシューティングツールを終了する」をクリックして閉じます。

古いアプリやゲームがWinwos10で起動できないときは「互換モード」を試してみよう。

以上で設定完了です。

手動で設定する

互換モードを手動で設定するときは、先ほどと同じように古いアプリやゲームのインストールファイルか実行ファイルかショートカットを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。

古いアプリやゲームがWinwos10で起動できないときは「互換モード」を試してみよう。

プロパティ画面が表示されたら「互換性」タブで「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れ、対象のアプリやゲームが対応しているWindowsのバージョンを選択して「OK」をクリックします。

古いアプリやゲームがWinwos10で起動できないときは「互換モード」を試してみよう。

以上で、対象のアプリやゲームが指定したWindowsバージョンの設定で実行できます。

その他の設定項目

「互換性」タブ画面では、Windowsのバージョンを指定するほかにも、色数や解像度を指定したり、管理者として実行するよう設定でき、それらに制限のあるアプリを実行するときにはチェックを入れます。

また「すべてのユーザーの設定を変更」をクリックすれば、互換設定をPC上のすべてのユーザーに適用することもできます。

古いアプリやゲームがWinwos10で起動できないときは「互換モード」を試してみよう。

あとがき

ちなみに、互換モードでも起動できないアプリやゲームをどうしても起動させたいときは、Hyper-Vなどで仮想環境を構築して、対応しているOSをインストールした仮想マシンを作成して対応するという手もあるでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ