Winwos10で古いアプリやドライバが動かないときは互換モードを試してみよう

Winwos10で古いアプリやドライバが動かないときは互換モードを試してみよう

Windows向けのアプリやデバイスドライバの中には、特定のバージョンのWindows用に設計されていて、それ以外のバージョンでは正常に動作しない(インストールできない)場合があります。

たとえば、Windows7などの古いOS向けのアプリやデバイスドライバは、そのままではWindows10で動作しない(インストールできない)場合があります。

このようなときは、古いアプリやデバイスドライバを「互換モード」で実行させることで、Windows10で動作できるようになる場合があります。

そこでここでは、Windows10で古いアプリやデバイスドライバを「互換モード」で実行させる方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit20H2

互換モードとは

互換モードは、古いバージョンのWindows向けのアプリやデバイスドライバが正常に実行できないときに利用する機能で、古いバージョンのWindowsをエミュレート(模倣)して、アプリやデイバスドライバを実行できるようにする機能です。

なお、互換モードを設定したらからといって、古いアプリやデバイスドライバが必ず動作するわけではなく、動作したとしても動作が保証されるわけではないので、業務環境で互換モードを利用する場合は入念な動作検証が必要になるでしょう。

トラブルシューティングツールで互換モードを設定する

互換モードを設定するには、トラブルシューティングツールで自動設定する方法と、手動で互換モードを設定する方法があります。

トラブルシューティングツールで設定するときは、古いアプリやデバイスドライバのインストーラーか実行ファイル、ショートカットファイルのいずれかを右クリックして、メニューから「互換性のトラブルシューティング」を選択します。

Winwos10で古いアプリやドライバが動かないときは互換モードを試してみよう

「プログラム互換性のトラブルシューティングツール」が起動するので「推奨設定を使用する」を選択します。

Winwos10で古いアプリやドライバが動かないときは互換モードを試してみよう

すると、対象のプログラムが実行できるよう自動的に設定が調整されるので「プログラムのテスト」をクリックして、対象のプログラムが正常に動作するか確認します。

Winwos10で古いアプリやドライバが動かないときは互換モードを試してみよう

確認が済んだら「次へ」をクリックします。

Winwos10で古いアプリやドライバが動かないときは互換モードを試してみよう

対象のプログラムが正常に実行できるようになった場合は「はい、このプログラムのこの設定を保存します」をクリックして設定を保存します。

Memo

正常に実行できない場合は「いいえ、別の設定で、もう一度やり直します」をクリックすることで、再度トラブルシューティングをやり直せます。

Winwos10で古いアプリやドライバが動かないときは互換モードを試してみよう

最後に「トラブルシューティングツールを終了する」をクリックして閉じます。

Winwos10で古いアプリやドライバが動かないときは互換モードを試してみよう

以上で設定完了です。

手動で互換モードを設定する

互換モードを手動で設定するときは、先ほどと同じように古いアプリやデバイスドライバのインストーラーか実行ファイル、ショートカットファイルのいずれかを右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。

Winwos10で古いアプリやドライバが動かないときは互換モードを試してみよう

プロパティ画面が表示されたら「互換性」タブで「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れ、対象のプログラムが対応しているWindowsのバージョンを選択して「OK」をクリックします。

Winwos10で古いアプリやドライバが動かないときは互換モードを試してみよう

以上で、対象のアプリやゲームが指定したWindowsバージョンの設定で実行できます。

その他の設定項目

「互換性」タブ画面では、Windowsのバージョンを指定するほかにも、そのプログラムを実行するために必要な設定を調整することができます。

どのような設定なら動作するかはプログラムにより異なるため、いろいろな設定パターンを試してみる必要があります。

また、画面下部にある「すべてのユーザーの設定を変更」をクリックすれば、互換設定をPC上のすべてのユーザーに適用することもできます。

Winwos10で古いアプリやドライバが動かないときは互換モードを試してみよう

あとがき

本来であれば、OSのバージョンに対応したプログラムを利用するべきですが、何らかの事情で古いプログラムを利用せざるを得ないときは互換モードが役立つときがあるでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。