Windows10:自動再生機能をオン/オフする方法

Windowsには、DVDやUSBメモリ等を接続すると、プログラムや動画などのファイルが自動的に起動する「自動再生機能」があります。

この自動再生機能は、便利な機能である反面、悪用されるとDVDやUSBメモリを接続しただけでマルウェアに感染してしまう危険性もあります。

そこで、DVDやUSBメモリなどの外部デバイスを利用する機会が多い場合は、自動再生を無効にすることでセキュリティを強化できます。

ここでは、自動再生機能をオン/オフする手順を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Professional 64bit 1903

設定手順

自動再生機能のオン/オフは、以下のいずれかの方法で設定することができます。

  • 設定アプリ
  • コントロールパネル
  • レジストリ
  • ローカルグループポリシー

ここでは、設定アプリからの設定方法を紹介し、その他の方法についてはキーワードのみを紹介します。

設定アプリからの設定

「設定」アプリから「デバイス」をクリックします。

次に、画面左側メニューから「自動再生」をクリックし、右側の画面から「すべてのメディアとデバイスで自動再生を使う」のスイッチをオン/オフすることで設定を切り替えることができます。


また、その下の「自動再生の既定の選択」にある「リムーバブルドライブ」「メモリカード」では、デバイスごとの既定の動作を設定することもできます。

「リムーバブルドライブ」の動作一覧

「メモリカード」の動作一覧

コントロールパネルから設定

コントロールパネルから設定する際は「コントロール パネル/ハードウェアとサウンド/自動再生」もしくは「コントロール パネル\すべてのコントロール パネル項目\自動再生」から設定します。

レジストリから設定

レジストリで設定する場合は、以下のレジストリキーに値を設定します。

キー

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\AutoplayHandlers

値の名前

DisableAutoplay

種類

REG_DWORD

値のデータ

0 = 有効(オン)
1 = 無効(オフ)

グループポリシーで設定

グループポリシーで設定する場合は、以下の項目で設定します。

「コンピュータの構成/管理用テンプレート/Windows コンポーネント/自動再生のポリシー/自動再生機能をオフにする」

また、自動再生機能をオフにする場合は「CD-ROMとリムーバブルメディアドライブ」か「すべてのドライブ」かを選択できます。

なお、グループポリシーで設定を行った場合、設定アプリやコントロールパネルのGUI画面上には設定が反映されないようです。

あとがき

単一のマシンに設定する場合は、設定アプリやコントロールパネルからの設定がカンタンですが、複数のマシンへ一括適用したい場合は、WindowsコマンドやPowerShellを使ってレジストリを設定するか、ドメイン環境ならグループポリシーでの適用が良いでしょう。

おすすめコンテンツ:
トップへ戻る