iPhoneに標準搭載のWebブラウザSafariでのタブ操作をマスターする

iPhoneに標準搭載のWebブラウザSafariでのタブ操作をマスターする

iPhoneには標準搭載のWebブラウザアプリとして「Safari」が搭載されており、Safariではタブ機能を利用して複数のWebサイトを並行して開くことができます。

そこでここでは、iPhoneでSafariを利用するときに覚えておきたいタブ操作の基本テクニック(タブの切り替え/タブを開く/タブを閉じる/タブを復元する)を紹介します。

iPhone版Safariをより使いこなすために覚えておきたい機能/操作テクニック4選
ここでは、iPhone版Safariをこれまでより便利に効率よく使いこなすために覚えておきたい機能や操作テクニックを3つ紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他の機種やバージョンでは、操作方法や動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

機種バージョン
Apple iPhone8iOS16.1.1

開いているタブを切り替える

Safariで開いているタブを切り替えるときは、画面下に表示されるメニューから、右端の四角形が重なったようなアイコンをタップします。

iPhoneに標準搭載のWebブラウザSafariでのタブ操作をマスターする

すると、タブが一覧表示されるので、一覧の中から表示させたいタブをタップすればタブの切り替えができます。

iPhoneに標準搭載のWebブラウザSafariでのタブ操作をマスターする

新しいタブを開く

新しいタブを開きたいときは、タブの切り替え時と同じようにタブの一覧画面を表示してから、画面左下の「+」アイコンをタップすれば、新しいタブが開きます。

iPhoneに標準搭載のWebブラウザSafariでのタブ操作をマスターする

開いているタブを閉じる

開いているタブを閉じたいときは、タブの切り替え時と同じようにタブの一覧画面を表示してから、閉じたいタブの右上に表示されている「×」をタップするか、閉じたいタブを左へスワイプさせます。

iPhoneに標準搭載のWebブラウザSafariでのタブ操作をマスターする

開いているタブを一括で閉じる

タブをこまめに閉じていないと、気づいた時にはたくさんのタブが開いたままになっていることがあり、そうなるとタブを一つずつ閉じるのが面倒なときがあります。

そのようなときは、タブ一覧画面の右下にある「完了」を長押しすれば「X個のタブをすべて閉じる」というメニューが出てくるので、タップすることで開いているタブ全部を一括で閉じることができます。

iPhoneに標準搭載のWebブラウザSafariでのタブ操作をマスターする

閉じたタブを開きなおす

閲覧中のタブを誤って閉じてしまったときなどは、次の手順でタブを開きなおすことができます。

タブの切り替え時と同じようにタブの一覧画面を表示してから、画面左下の「+」を長押しすると、最近閉じたタブの履歴が表示され、開きなおしたい履歴をタップすれば新しいタブとして表示されます。

iPhoneに標準搭載のWebブラウザSafariでのタブ操作をマスターする

あとがき

SafariなどのWebブラウザを利用していると、定期的に不要なタブを閉じておかないと、どんどん新しいタブが追加されて、そのままにしていると無駄なリソース消費にもつながるので、ここで紹介している基本的なタブ操作は覚えておきましょう。