iPhoneの「低電力モード」でバッテリー消費を節約する方法

iPhoneの「低電力モード」でバッテリー消費を節約する方法

iPhoneには、一部の機能や動作を制限することでバッテリーの消費を抑える機能として「低電力モード」が搭載されていますが、どのような機能が制限されるかや低電力モードに切り替える方法がよく分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そこでここでは、iPhoneを低電力モードとはどのような機能なのかや、低電力モードをオンにする方法を紹介します。

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他の機種やバージョンでは、操作方法や動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

機種バージョン
Apple iPhone8iOS16.2

低電力モードとは

iPhoneの「低電力モード」は、一部の機能や動作を制限することでバッテリーの消費を抑える機能で、iOS9以降に標準搭載されています。

低電力モードで制限される機能

低電力モードをオンにすると以下の機能や動作が制限され、それにより通常モードに比べて1時間程度バッテリーを長持ちさせることができます。

  • CPU速度
  • Siri機能
  • iCloud写真が一時停止
  • メールの自動取得回数
  • アプリの自動更新とダウンロード
  • 画面の明るさ
  • 30秒で画面ロック
  • ビジュアルエフェクト

低電力モードをオンにする

低電力モードをオンにする方法としては、バッテリー残量が少なくなってきたときに表示される通知からオンにしたり、iPhoneの設定からやコントロールセンターから手動でオンにする方法があります。

通知から

iPhoneのバッテリー残量が20%以下になると、低電力モードへの切り替えを促すメッセージが表示され、ここで「低電力モード」をタップすることで低電力モードに切り替えられます。

iPhoneの「低電力モード」でバッテリー消費を節約する方法

iPhoneの設定から

iPhoneの「設定」から「バッテリー」を選択して「低電力モード」をオンにすることで、バッテリー残量に関係なく手動で低電力モードをオンにすることができます。

iPhoneの「低電力モード」でバッテリー消費を節約する方法

外出などで長時間充電できないことが予想される場合は、あらかじめ低電力モードをオンにしておけば、バッテリーを長持ちさせることができます。

コントロールセンターから

画面右上から下にスワイプするか、画面下部から上にスワイプして「コントロールセンター」を表示して、低電力モードのアイコンをタップすることで、バッテリー残量に関係なく手動で低電力モードをオンにすることができます。

iPhoneの「低電力モード」でバッテリー消費を節約する方法

コントロールセンターに低電力モードのアイコンが表示されていない場合は、iPhoneの「設定」から「コントロールセンター」を選択して「コントロールの追加」から低電力モードのアイコンを追加できます。

iPhoneの「低電力モード」でバッテリー消費を節約する方法

ショートカットアプリから

デフォルトではバッテリー残量が20%以下になると、低電力モードへの切り替えを促すメッセージが表示されますが、ショートカットアプリを使えば任意のバッテリー残量で自動的に低電力モードへ移行させることができます。

手順は、次のとおりです。

まず「ショートカット」アプリを起動して「オートメーション」から「個人用オートメーションを作成」をタップします。

iPhoneの「低電力モード」でバッテリー消費を節約する方法

「新規オートメーション」の作成画面が表示されるので、一覧から「バッテリー残量」をタップします。

iPhoneの「低電力モード」でバッテリー消費を節約する方法

「いつ」を設定する画面が表示されるので、低電力モードをオンにしたいバッテリー残量を指定して「次へ」をタップします。

ここでは例として「50%より下」を選択します。

iPhoneの「低電力モード」でバッテリー消費を節約する方法

「アクション」の設定画面が表示されるので「アクションを検索」欄に「低電力」と入力して、検索候補に表示される「低電力モードを設定」をタップします。

iPhoneの「低電力モード」でバッテリー消費を節約する方法

アクション欄に「低電力モードをオンに変更」を表示されていることを確認して「次へ」をタップします。

iPhoneの「低電力モード」でバッテリー消費を節約する方法

次の画面で「実行前に尋ねる」をオフに設定して「完了」をタップします。

iPhoneの「低電力モード」でバッテリー消費を節約する方法

以上で、オートメーションが作成され、バッテリー残量が50%を下回ると自動的に低電力モードがオンになります。

iPhoneの「低電力モード」でバッテリー消費を節約する方法

なお、いずれの方法で低電力モードにした場合も、バッテリーが80%以上充電されると、低電力モードは自動的にオフになります。

低電力モード中か確認したいときは

iPhoneが低電力モード中かどうかを確認したいときは、バッテリーアイコンの色を確認し、アイコンが黄色く表示されているときが低電力モード中です。

iPhoneの「低電力モード」でバッテリー消費を節約する方法

あとがき

低電力モードは、バッテリーの残量が少なくなった時だけでなく、少しでもiPhoneをバッテリー消費を抑えて利用したいときに役立つ機能です。ご活用あれ。