Windows10のMicrosoft IMEで誤変換記録をオフにする方法

Windows10のMicrosoft IMEで誤変換記録をオフにする方法

Windows10の標準日本語入力システムである「Microsoft IME」では、文字変換を確定した後に確定した文字を削除などすると、誤変換として記録され、一定回数(100回)または一定期間(14日間)誤変換が記録されると、記録したデータをMicrosoftに送信するかの通知「Microsoft IME の変換精度を高めるため、誤変換データ収集にご協力ください」が表示されます。

Windows10のMicrosoft IMEで誤変換記録をオフにする方法

誤変換記録は、Microsoftに送信することで、言語解析技術の研究やより良い製品開発に役立てられますが、文字入力作業が多いと頻繁にこの通知が表示されるため、煩わしいと感じることがあります。

そこでここでは、Windows10のMicrosoft IMEで誤変換記録をオフにして通知が表示されないようにする方法を紹介します。

Windows10でプライバシーを強化するための設定方法
Windows10やWindows10上で動作しているアプリは、ユーザーに最適な情報や機能を提供するために、ユーザーの情報にアクセスした...

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H1

誤変換記録をオフにする

誤変換記録をオフにする手順は、次のとおりです。

タスクトレイの「Microsoft IME」アイコンを右クリックし、メニューから「設定」クリックします。

Windows10のMicrosoft IMEで誤変換記録をオフにする方法

「Microsoft IME」の設定画面が表示されるので「使用状況データの収集」をクリックします。

Windows10のMicrosoft IMEで誤変換記録をオフにする方法

「使用状況データの収集」画面が表示されるので「データをファイルに保存する」の設定をオフにします。

以上で、誤変換が記録されなくなり、通知も表示されなくなります。

Windows10のMicrosoft IMEで誤変換記録をオフにする方法

なお、誤変換データの収集に協力するが、通知は表示させたくないときは「データをファイルに保存する」と「自動的にデータをMicrosoftに送信する」を両方オンに設定することで、自動的に誤変換データが送信され通知は表示されません。

Windows10のMicrosoft IMEで誤変換記録をオフにする方法

あとがき

誤変換データの送信をオフにするには、上記で紹介しているMicrosoft IMEの設定からだけでなく、Windowsの「設定」>「プライバシー」>「診断&フィードバック」にある「手描き入力とタイプ入力を改善する」の設定をオフにすることでも同じ効果を得られます。

Windows10のMicrosoft IMEで誤変換記録をオフにする方法

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ