Windows10でアクションセンターを表示させたままにする方法

Windows10でアクションセンターを表示させたままにする方法

Windows10には「アクションセンター」と呼ばれる機能があり、アプリからの通知を表示したり、さまざまなWindowsの設定のオン/オフや調整ができる機能があります。

通常、アクションセンターは、タスクバー右端のアイコンをクリックしたり、ショートカットキー(Windowsキー+A)で表示させますが、何か他の操作を行うと自動的に閉じてしまいます。

アクションセンターが自動的に閉じることは、通常であれば問題ありませんが、アクションセンターをよく利する場合だと、いちいちアイコンをクリックしたり、キー操作を行ってアクションセンターを表示させなければならないのは少々不便です。

そこで、ここではアクションセンターを自動的に閉じないようする方法を紹介します。

アクションセンターを自動的に閉じないようすれば、通知などを確認するときに「アクションセンターを表示させる」操作が不要になり、作業の効率化にも役立つでしょう。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

アクションセンターを自動的に閉じないようする方法

アクションセンターを自動的に閉じないようするには、レジストリ設定により可能となります。

手順は、次のとおりです。

管理者権限でコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

> reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ImmersiveShell\Launcher /v DisableLightDismiss /t REG_DWORD /d 1 /f

コマンド実行後「この操作を正しく終了しました。」と表示されればレジストリ設定は完了です。

Windows10でアクションセンターを表示させたままにする方法

設定は即時で反映されます。

設定を戻したいときは、以下のコマンドを実行して、上で追加したレジストリキーを削除します。

> reg delete HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ImmersiveShell\Launcher /v DisableLightDismiss

動作確認

上の設定を行った後で、アクションセンターを開き、他の操作を行ってみてください。

アクションセンターが自動的に閉じないようになり、表示されたままになっているはずです。

Windows10でアクションセンターを表示させたままにする方法

なお、アクションセンターを閉じたいときは、タスクバー右端のアイコンをクリックしたり、ショートカットキー(Windowsキー+A)で閉じることができます。

あとがき

デスクトップ領域が広い場合は、アクションセンターを表示させたままにすることで、通知などがあるたびにアクションセンターを開く必要がなくなり、作業効率をさらに上げることができるでしょう。

お試しあれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る