WordPressで記事を複製(コピー)するなら「Yoast Duplicate Post」

WordPressで記事を複製(コピー)するなら「Yoast Duplicate Post」

WordPressで記事を作成するときに、過去の投稿と似たような構成の記事を書きたいときがあり、そんなとき、過去の投稿を複製(コピー)できれば作業が楽になると思いませんか?

そこでここでは、過去の投稿を複製(コピー)してくれるWordPressプラグイン「Yoast Duplicate Post」紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果をもとにしています。各ソフトウェアのバージョンにより、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア(プラグイン)バージョン
Yoast Duplicate Post4.1.2
WordPress5.7.2

「Yoast Duplicate Post」とは

WordPressで記事を複製(コピー)するなら「Yoast Duplicate Post」

Yoast Duplicate Post – WordPress プラグイン | WordPress.org 日本語

「Yoast Duplicate Post」は、投稿や固定ページを簡単に複製してくれるWordPressプラグインです。

タイトルや本文、作成者などの複製する項目はあらかじめ設定しておくことができ、編集画面などからワンクリックで複製することができます。

「Yoast Duplicate Post」の初期設定

プラグインのインストール手順は、一般的な手順と同じなのでここでは割愛します。

「Yoast Duplicate Post」の初期設定は、管理画面(ダッシュボード)の「設定」>「Duplicate Post」から行います。

デフォルト設定のままでも問題なく利用できますが、複製する項目や複製可能な権限、投稿タイプなどを細かく設定したい場合は、設定画面であらかじめ調整しておきます。

「複製元」タブ

「複製元」タブでは、複製する項目を調整することができます。

WordPressで記事を複製(コピー)するなら「Yoast Duplicate Post」

「権限」タブ

「権限」タブでは、投稿などを複製できるユーザーを制限したり、複製できる投稿タイプを選択できます。

複数のユーザーでWordPress環境を維持している場合や、複製できる投稿タイプを制限したいときに活用できます。

WordPressで記事を複製(コピー)するなら「Yoast Duplicate Post」

「表示」タブ

「表示」タブでは、管理画面のどこに複製ボタンを表示させるかを設定できます。

デフォルトでは、「投稿一覧」「管理バー」「編集画面」など、いろいろな場所に複製ボタンが表示されますが、どこか一か所に決めておいた方がよいでしょう。

WordPressで記事を複製(コピー)するなら「Yoast Duplicate Post」

「Yoast Duplicate Post」の使い方

「Yoast Duplicate Post」の使い方は簡単で、「投稿一覧」「管理バー」「編集画面」などから、投稿や固定ページを複製できます。

投稿一覧から複製

WordPressで記事を複製(コピー)するなら「Yoast Duplicate Post」

管理バーから複製

WordPressで記事を複製(コピー)するなら「Yoast Duplicate Post」

編集画面から複製

WordPressで記事を複製(コピー)するなら「Yoast Duplicate Post」

あとがき

過去の投稿から本文などをコピペして複製することもできますが、圧倒的に「Yoast Duplicate Post」を利用したほうが楽です。

効率的に記事を作成する上でおすすめのプラグインです。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ