外付けHDD、USBメモリ、SDカードに最適なフォーマットとは

外付けHDD、USBメモリ、SDカードに最適なフォーマットとは

Windows10で外付けのハードディスクやUSBメモリ、SDカードなどを購入して利用する場合、デフォルトでフォーマットされている場合が多く、すぐに利用できるようになっていますが、最適なファイルシステムでフォーマットされていない場合もあります。

そこで、ここでは外付けのハードディスクやUSBメモリ、SDカードそれぞれで最適なファイルシステムを紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 2004

Windows10で利用できるファイルシステム

Windows10では、おもに以下の3種類のファイルシステムを利用できます。

  • FAT32
  • NTFS
  • exFAT

FAT32

「FAT32」は、古いファイルシステムでLinuxやMacでも問題なく読み書きできますが、1ファイルの最大サイズが4GBに制限されるため、大容量の動画などを保存するには向きません。

また、圧縮機能やファイル暗号化機能などは実装されていません。

NTFS

「NTFS」は、Windowsの標準ファイルシステムで、内蔵ハードディスクはNTFSでフォーマットされている場合がほとんどで、機能的にも管理機能・耐障害性・暗号化機能などが実装されており高機能でセキュリティ的にも安心です。

ただし、MacやLinuxでは読み取りのみのサポートとなります。

exFAT

「exFAT」は、「FAT32」のファイルサイズの制限などを解消したファイルシステムで、Windowsだけでなく、MacやLinuxやAndroidでも読み書きが可能です。

exFATでは、圧縮機能やファイル暗号化機能などは実装されておらず、管理機能などもありませんが、耐障害性の点では、チェック機能の実装によりFAT32と比較すると障害が発生しづらくなっています。

最近では、大容量メモリカードなどはこの形式でフォーマットされて販売されており、PlayStation4やNintendo Switchも「exFAT」に対応しています。

デバイスごとの最適なファイルシステム

外付けハードディスクやUSBメモリなどをWindows環境でのみ利用する場合は「NTFS」でフォーマットし、LinuxやMacなどとデータ共有する場合や、頻繁に取り外すことが想定される場合は「exFAT」でフォーマットするのがおススメです。

また、SDカードについても「exFAT」でフォーマットするのがおススメです。

デバイスのフォーマット方法

Windows10でハードディスクやUSBメモリ、SDカードなどのデバイスをフォーマットする場合、3通りの方法があります。

  • エクスプローラーから
  • 「ディスクの管理」から
  • コマンドプロンプトから

いちばん簡単な方法は、エクスプローラーからフォーマットする方法で、手順は次のとおりです。

Memo

フォーマットされていないデバイスはエクスプローラーには表示されないので、その場合は「ディスクの管理」やコマンドプロンプトからフォーマットしましょう。

エクスプローラーを起動して、左側のメニューから「PC」をクリックします。

すると、右側にデバイスの一覧が表示されるので、フォーマットしたいデバイスを右クリックして、メニューから「フォーマット」をクリックします。

外付けHDD、USBメモリ、SDカードに最適なフォーマットとは

フォーマット画面が表示されたら「ファイルシステム」から、利用したいファイルシステムを選択して「開始」をクリックすることでフォーマットできます。

外付けHDD、USBメモリ、SDカードに最適なフォーマットとは

Memo

デバイスをフォーマットすると、もともとそのデバイスに保存されていたデータはすべて消去されるので、フォーマットするデバイスを間違わないよう気を付けましょう。

あとがき

「exFAT」はMicrosoftが開発したということで、Windows専用のファイルシステムと思われがちですが、現在はMacやLinuxやAndroidでも読み書きが可能なので、ご活用ください。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る