Windows10のアクションセンターにGoogleカレンダーの通知を表示する方法

Windows10のアクションセンターにGoogleカレンダーの通知を表示する方法

Googleカレンダーを利用して、日々の予定などを管理されている方も多いと思います。

スマートフォンだと、特別な設定をしなくてもGoogleカレンダーの予定が通知されるので、予定をついうっかり忘れてしまっていたなんてことはあまりありませんが、Windows10 PCの場合では、あらかじめ設定をしておかないとGoogleカレンダーの通知は表示されないため、予定を忘れていたなんてことが起こりえます。

そこで、ここではWindows10のアクションセンターに、Googleカレンダーの通知を表示させる3通りの方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Pro 64bit 1909

事前確認

事前確認として、Googleカレンダーで通知がオンになっているかを確認します。

WebブラウザでGoogleカレンダーの設定ページを開いて「全般」>「予定の設定」で、通知設定として「デスクトップ通知」が選択されていることを確認します。

Windows10のアクションセンターにGoogleカレンダーの通知を表示する方法

ブラウザを利用する方法

ここでは、WebブラウザとしてGoogle Chrome(以下、Chromeブラウザ)を利用した場合の手順を紹介します。

ChromeブラウザでGoogleカレンダーのページにアクセスすると、以下の画面のように通知を許可するかどうかのポップアップが表示されるので「許可」をクリックします。

Windows10のアクションセンターにGoogleカレンダーの通知を表示する方法

ポップアップが表示されない場合は、Chromeブラウザの設定画面を開いて「プライバシーとセキュリティ」>「サイトの設定」>「通知」を開き、許可セクションにある「追加」をクリックして、GoogleカレンダーのURL「https://calendar.google.com」を入力して追加します。

Windows10のアクションセンターにGoogleカレンダーの通知を表示する方法

以上で、設定完了です。

通知の確認

上記の設定で、ChromeブラウザからWindows10のアクションセンターに通知が表示されるようになります。

なお、ブラウザからの通知はGoogleカレンダーのページを開いているときのみ有効です。

Windows10のアクションセンターにGoogleカレンダーの通知を表示する方法

Google Chrome:Googleカレンダーを使いやすくする拡張機能(Checker Plus for Google Calendar)
仕事やプレイベートの予定やリマインダーとして「Googleカレンダー」をお使いの方も多いと思います。 スマートフォンであれば、予定を通...

カレンダーアプリを利用する方法

Windows10には「カレンダー」というアプリが標準搭載されており、このカレンダーアプリに、通知を表示させたいGoogleカレンダーを追加することで、カレンダーアプリからGoogleカレンダーの予定を通知させることができます。

手順は、次のとおりです。

まず、Windows10のカレンダーアプリを起動して、カレンダーアプリの設定メニューにある「アカウントの管理」からGoogleアカウントを追加します。

Windows10のアクションセンターにGoogleカレンダーの通知を表示する方法

Googleアカウントを追加したら「アカウントの管理」から、追加したGoogleアカウントを選択して同期オプションや同期間隔を調整します。

同期オプションでは「メールボックスの同期の設定を変更」をクリックして「予定表」のみをオンに設定します。

Windows10のアクションセンターにGoogleカレンダーの通知を表示する方法

同期間隔も「メールボックスの同期の設定を変更」をクリックして「新しいコンテンツのダウンロード」で調整します。

デフォルトでは「アイテム受信時」が選択されており、カレンダーアプリ起動時や、アプリ画面を最小化から戻したときなどに同期してくれます。

一定間隔で同期させたいときは「15分」「30分」「1時間」から選択できます。

Windows10のアクションセンターにGoogleカレンダーの通知を表示する方法

手動で同期するときは、カレンダーアプリ右上のメニューから「同期」をクリックします。

Windows10のアクションセンターにGoogleカレンダーの通知を表示する方法

以上で、設定完了です。

通知の確認

上記の設定で、カレンダーアプリからWindows10のアクションセンターに通知が表示されるようになります。

なお、同期処理はカレンダーアプリを起動しないと行われませんが、同期済みの予定は、カレンダーアプリを開いていなくても通知してくれます。

Windows10のアクションセンターにGoogleカレンダーの通知を表示する方法

Windows10に標準搭載されている「カレンダー」アプリを使い倒す。
パソコンやスマートフォンで、スケジュール管理ツールを利用している方も多いと思いますが、Windows10を利用しているなら標準搭載されて...

スマホ同期アプリを利用する方法

Windows10には、Androidスマホの通知などを確認できる「スマホ同期」アプリが標準搭載されており、このアプリを利用してAndroidスマホに表示されたGoogleカレンダーの通知をWindows10で確認することができます。

なお、スマホ同期アプリを利用するには、Windows10PCとAndroidスマホを同一のネットワークに接続する必要があります。

詳しい設定方法は、以下の記事を参照ください。

Windows10 PCからAndroidスマホをチェックする(スマホ同期)
PCとスマートフォンを使って仕事をしていると、PCで作業しつつ、スマホもときおり確認しつつと、PCとスマホを行ったり来たりしなければなら...

通知の確認

スマホ同期アプリでWindows10PCとAndroidスマホを連携させておくと、Androidスマホの通知がWindows10のアクションセンターにも表示されるようになります。

Windows10のアクションセンターにGoogleカレンダーの通知を表示する方法

AndroidスマホでGoogleカレンダーを利用しているなら、スマホ同期アプリを利用した方法がおススメです。

トラブルシューティング

上のいずれかの方法を正しく設定しているのに、Windows10のアクションセンターに通知が表示されないときは、Windows10の設定でアプリからの通知がブロックされている可能性があります。

その場合は、Windows10の設定アプリで、「システム」>「通知とアクション」や、「プライバシー」>「通知」の設定を見直してみましょう。

あとがき

ここで紹介したいずれの方法も、まれに通知されないことがあるため、万が一にも予定を忘れていたなんてことがないようしたいときは、Googleカレンダーで予定を追加するときに、メールでも通知もするよう設定しておけば安心でしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。

あなたにおすすめのコンテンツ
トップへ戻る