iPhoneでパスコードのケタ数を変更する/英数字を設定する方法

iPhoneでパスコードのケタ数を変更する/英数字を設定する方法

iPhoneでは、基本的なセキュリティ対策として通常は6ケタの数字をパスコードとして設定し、端末のロックを解除するときなどに利用しますが、パスコードに設定できるケタ数を変更したり、パスコードに利用できる文字として数字だけでなく英字を利用することもできます。

そこでここでは、iPhoneでパスコードのケタ数を変更したり、パスコードに英数字を利用できるようにする方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境での動作結果を基にしています。他の機種やバージョンでは、操作方法や動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

機種バージョン
Apple iPhone8iOS16.1

パスコードのケタ数を変更する

パスコードのケタ数を変更したいときは、次の手順で変更します。

まず、ホーム画面やAppライブラリから「設定」をタップし、メニューから「Touch IDとパスコード」をタップします。

iPhoneでパスコードのケタ数を変更する/英数字を設定する方法

現在設定しているパスコードの入力を要求されるので、パスコードを入力します。

iPhoneでパスコードのケタ数を変更する/英数字を設定する方法

「Touch IDとパスコード」画面が表示されるので「パスコードを変更」をタップします。

iPhoneでパスコードのケタ数を変更する/英数字を設定する方法

再度パスコードを要求され入力すると、パスコードの変更画面が表示されるので「パスコードオプション」をタップします。

iPhoneでパスコードのケタ数を変更する/英数字を設定する方法

パスコードオプションの選択肢として「カスタムの英数字コード」「カスタムの数字コード」「4桁の数字コード」が表示されるので、4ケタの数字にしたいときは「4桁の数字コード」を、それ以外のケタ数に変更したいときは「カスタムの数字コード」をタップします。

iPhoneでパスコードのケタ数を変更する/英数字を設定する方法

新しいパスコードの入力画面が表示されるので、設定したいパスコードを入力して「次へ」をタップし、再度入力を求められるので、もう一度入力して「完了」をタップすれば変更完了です。

iPhoneでパスコードのケタ数を変更する/英数字を設定する方法

パスコードに英数字を利用する

パスコードに英数字を利用するときは「パスコードオプション」画面で「カスタムの英数字コード」をタップします。

iPhoneでパスコードのケタ数を変更する/英数字を設定する方法

パスコードの変更画面が表示され、英数字キーボードを利用できるようになっているので、設定したいパスコードを入力し「次へ」をタップし、再度入力を求められるので、もう一度入力して「完了」をタップすれば変更完了です。

iPhoneでパスコードのケタ数を変更する/英数字を設定する方法

あとがき

最近では、指紋認証や顔認証を利用することでセキュリティを強化できるようになっていますが、パスコードも、ケタ数を増やしたり英数字で設定してセキュリティを強化したいとお思いなら、ここで紹介した方法が役立つでしょう。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。