Windows10:リムーバブルメディアからデータを復旧する(USBメモリ復旧)

SDカードやUSBメモリなどのリムーバブルメディアから誤ってファイルを削除してしまった場合、諦めるのはまだ早いです。

これから紹介するフリーソフト「USBメモリ復旧」を使えば、リムーバブルメディアから削除したファイルを復旧できる可能性があります。

諦める前にまずは試してみて損はないと思います。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェア バージョン
Windows10 Professional 64bit 1809
USBメモリ復旧 6.18.4

「USBメモリ復旧」とは

無料のデータ復旧ソフト「USBメモリ復旧」

LIVEDATAが提供している「USBメモリ復旧」は、SDカードやUSBメモリなどのリムーバブルメディアからデータを復元するのに特化したフリーソフトで、法人、個人を問わず、だれでも無料で利用できます。

サポートするファイルシステムはFAT/FAT32/exFATで、誤って削除してしまったり、エラーで読み込めないなど、論理的な障害が発生しているリムーバブルメディアから、簡単な操作でデータを復元できるそうです。

なお、ハードウェア的に損傷してる場合など物理的な障害では、データの復元は難しそうです。

使い方

インストール

インストール方法は、一般的なソフトウェアと変わりないので「次へ」ボタンを押していけばインストールできます。

データの復元

データを復元する手順は、リムーバブルメディアを接続してから本ソフトを起動し、ウィザードに従うだけと、とてもカンタンです。

試しに、USBメモリに復元したいファイルを保存した状態で、対象ファイルを削除して、本ツールで復元できるか試してみます。

まず、USBメモリに復元するファイルを準備します。

この状態で「復元したいファイル.txt」を[Delete]キーで削除します。

次に、USBメモリを接続した状態で「USBメモリ復旧」を起動し、接続されているリムーバブルメディアの一覧から、データを復元したいメディアを選択して「次へ」ボタンをクリックします。

すると、スキャンが開始され、完了すると結果がツリー形式で表示されます。

あとは、復元したいファイルにチェックを入れて「選択した項目を保存する」ボタンをクリックして、ファイルを任意の場所に保存すれば復旧完了です。

以上のように、とてもカンタンな手順で復旧できます。

なお、私が試した限りでは、単純に削除したファイルは復旧できましたが、USBメモリをフォーマットした場合は復旧することはできませんでした。

まとめ

誤って削除してしまったファイルを復旧する場合は、このツールで復旧できる可能性も十分あると感じます。

なお、LIVEDATAからは「復旧天使(有料)」というソフトウェアが販売されており、より詳細にスキャンもできるようなので、「USBメモリ復旧」を試して復旧できない場合は、有料版を検討してみても良いかもしれません。

スポンサーリンク