Windows10で管理者への昇格時にユーザー名を表示しない方法

Windows10で管理者への昇格時にユーザー名を表示しない方法

Windows10などでは、標準ユーザーがシステム設定などを変更するとき、UAC(ユーザーアカウント制御)によって管理者への昇格が必要となり、その際に以下のような昇格プロンプトが表示されます。

Windows10で管理者への昇格時にユーザー名を表示しない方法

この昇格プロンプトには、デフォルトで管理者のユーザー名が表示されており、利用環境によってはセキュリティ的に好ましくない場合があります。

そこでここでは、Windows10で管理者への昇格時に管理者ユーザーのアカウント名を表示しない方法を紹介します。

動作環境

この記事は、以下の環境で実行した結果を基にしています。他のエディションやバージョンでは、動作結果が異なる場合があることをご了承ください。

ソフトウェアバージョン
Windows10 Pro 64bit21H2

管理者への昇格時にアカウント名を表示させない

UAC(ユーザーアカウント制御)で管理者へ昇格する際に、昇格プロンプトに管理者ユーザー名を表示させないようにするには、グループポリシーでの設定が必要です。

手順は、次のとおりです。

まず、スタートボタン右の検索ボックスに「gpedit」を入力し、検索結果から「ローカルグループポリシーエディター」を選択します。

Windows10で管理者への昇格時にユーザー名を表示しない方法

ローカルグループポリシーエディターを起動したら、画面左側のツリーから「コンピューターの構成」>「管理用テンプレート」>「Windowsコンポーネント」>「資格情報のユーザーインターフェイス」を選択します。

Windows10で管理者への昇格時にユーザー名を表示しない方法

画面右側にポリシーが一覧表示されているので「昇格時に管理者アカウントを列挙する」をダブルクリックします。

Windows10で管理者への昇格時にユーザー名を表示しない方法

「昇格時に管理者アカウントを列挙する」の設定画面が表示されるので「無効」を選択して「OK」をクリックします。

Windows10で管理者への昇格時にユーザー名を表示しない方法

最後に、設定を適用するためにWindows10を再起動します。

以上で、標準ユーザーから管理者ユーザーへの昇格時に、管理者ユーザー名は表示されなくなり、昇格させるには管理者ユーザー名とパスワードの両方を入力する必要があります。

Windows10で管理者への昇格時にユーザー名を表示しない方法

あとがき

標準ユーザーに管理者ユーザーのアカウント名を知られたくないような場合に有効でしょう。

ご活用あれ。

記事が役立ったらシェアしてくれるとうれしいです。